Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マヤーのウシルとは「ねこのお汁」ともいう、沖縄県の郷土料理である。皮を剥いだ猫肉を一口大に切って鍋に入れ、泡盛をもみこんで火にかけ、出汁を加えて中火で煮る。よく灰汁をとり、肉に火が通ったらイーチョバ(ウイキョウ)かフーチバ(ニシヨモギ)の葉を刻んで加え、やわらかくなったら塩または味噌で味をととのえ、仕上げに紅花油を少々入れて火を止める。味は鶏肉のようだという。肋膜炎、気管支炎、肺病、痔に効果があるとされる。沖縄では古くから犬猫を食用としていた。体に良い「シンジ料理」として古くから沖縄では食べられてきた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2658702 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 661 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55426448 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マヤーのウシルとは「ねこのお汁」ともいう、沖縄県の郷土料理である。皮を剥いだ猫肉を一口大に切って鍋に入れ、泡盛をもみこんで火にかけ、出汁を加えて中火で煮る。よく灰汁をとり、肉に火が通ったらイーチョバ(ウイキョウ)かフーチバ(ニシヨモギ)の葉を刻んで加え、やわらかくなったら塩または味噌で味をととのえ、仕上げに紅花油を少々入れて火を止める。味は鶏肉のようだという。肋膜炎、気管支炎、肺病、痔に効果があるとされる。沖縄では古くから犬猫を食用としていた。体に良い「シンジ料理」として古くから沖縄では食べられてきた。
rdfs:label
  • マヤーのウシル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of