Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マムシト(Mamshit, ヘブライ語: ממשית‎)は、メンフィスのナバテア人都市である。ナバテア人時代には、the Idumean Mountains から the Arabahへと続き、Ma'ale Akrabim、ベエルシェバ、ヘブロン、エルサレムなどを通った「香の道」の途上に位置していたことから、重要な都市となっていた。都市の面積は約0.04 km² で、ネゲヴの砂漠地帯では最小の都市だが、保存状態は最も良好である。また、かつて豪邸だった建築物群は、他のナバテア人都市ではお目にかかれない珍しいものである。さらにこのマムシトでは、イスラエルで発見されたものとしては最大級の宝物も発見されている。つまりは10500枚の銀貨、鋳造所の名が刻まれた約72kgの鉛のtonque、古代ギリシャ文字で記録されたパピルス文書類などである。再建された都市は、かつてマムシトがどのような姿であったかを訪問者に感じさせてくれる。街路の全体は無傷で残っており、仕切りのない部屋、中庭、テラスなどを備えたナバテア人の建造物群も存在している。石は注意深く彫られていて、天井を支えるアーチ群も特筆すべき巧みさで組み立てられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1430157 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1813 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57877511 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マムシト(Mamshit, ヘブライ語: ממשית‎)は、メンフィスのナバテア人都市である。ナバテア人時代には、the Idumean Mountains から the Arabahへと続き、Ma'ale Akrabim、ベエルシェバ、ヘブロン、エルサレムなどを通った「香の道」の途上に位置していたことから、重要な都市となっていた。都市の面積は約0.04 km² で、ネゲヴの砂漠地帯では最小の都市だが、保存状態は最も良好である。また、かつて豪邸だった建築物群は、他のナバテア人都市ではお目にかかれない珍しいものである。さらにこのマムシトでは、イスラエルで発見されたものとしては最大級の宝物も発見されている。つまりは10500枚の銀貨、鋳造所の名が刻まれた約72kgの鉛のtonque、古代ギリシャ文字で記録されたパピルス文書類などである。再建された都市は、かつてマムシトがどのような姿であったかを訪問者に感じさせてくれる。街路の全体は無傷で残っており、仕切りのない部屋、中庭、テラスなどを備えたナバテア人の建造物群も存在している。石は注意深く彫られていて、天井を支えるアーチ群も特筆すべき巧みさで組み立てられている。
rdfs:label
  • マムシト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of