Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マハートマー書簡、マハトマ書簡(Mahatma Letters)とは、神智学協会に始まる近代神智学における用語である。チベットのシャンバラにあるという秘密結社グレート・ホワイト・ブラザーフッド(大白色同胞団)に属し、古代の叡智を守り伝えるというという霊的熟達者「大師(マスター)」「マハトマ(偉大な魂)」から授かったと主張される手紙である。ヘレナ・P・ブラヴァツキーは彼らから物質化によって渡されたと述べ、しばしば空中から手紙を取り出すという奇跡を演じた。神智学の信者は、マハトマは大賢者としてゴータマ(釈迦)から伝わる大宇宙の秘儀に通じているとしており、イエス・キリストやマイトレーヤ(弥勒)も含まれ、他にモリヤやクートフーミといった名前を挙げている。ブラヴァツキー以後、アルフレッド・パーシー・シネット、アラン・オクタビアン・ヒュームといった神智学の信者が、同様にマハートマーからのメッセージを受け取った主張。これらのいくつかは書籍の形でまとめられることになる。ブラヴァツキーの事例は心霊現象研究協会(心霊研究協会)のリチャード・ホジソンによる ホジソン・レポートで検証が行われている。神智学協会で働くエマ・クローンが、1884年に「マハートマー書簡」がブラヴァツキーによって書かれた証拠と共に、「奇跡」の手の内を暴露した(クローン事件)。これを受けた心霊現象研究協会の調査で、「物質化」のトリックが解明される。マドラスの神智学協会の脱退者であるクローン夫婦の助けを得たものであるという結果が示され、虚偽性が非難された。神智学協会側はこれを否定したが、心霊現象研究協会の社会的信頼は大きく、神智学協会に大きな社会的打撃を与えた。1986年に心霊現象研究協会ヴァーノン・ハリソンが同レポートの正確性を研究し、ホジソンの調査には認知バイアスがかかっており、科学的調査とは言えないと指摘している。神智学・人智学を日本に紹介する高橋巌は、1986年に心霊現象研究協会が亡きブラヴァツキーに謝罪したという伝聞を伝えている。ホジソンの調査の信頼性や価値については、現在も意見が分かれている。ただし、ホジソンに誤りがあったとしても、それがブラヴァツキーが起こしたという奇跡を保証するわけではなく、ホジソン・レポートへの疑問が、マハートマー書簡の物質化という超自然現象の肯定を意味するわけではない。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1968078 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6559 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58256206 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マハートマー書簡、マハトマ書簡(Mahatma Letters)とは、神智学協会に始まる近代神智学における用語である。チベットのシャンバラにあるという秘密結社グレート・ホワイト・ブラザーフッド(大白色同胞団)に属し、古代の叡智を守り伝えるというという霊的熟達者「大師(マスター)」「マハトマ(偉大な魂)」から授かったと主張される手紙である。ヘレナ・P・ブラヴァツキーは彼らから物質化によって渡されたと述べ、しばしば空中から手紙を取り出すという奇跡を演じた。神智学の信者は、マハトマは大賢者としてゴータマ(釈迦)から伝わる大宇宙の秘儀に通じているとしており、イエス・キリストやマイトレーヤ(弥勒)も含まれ、他にモリヤやクートフーミといった名前を挙げている。ブラヴァツキー以後、アルフレッド・パーシー・シネット、アラン・オクタビアン・ヒュームといった神智学の信者が、同様にマハートマーからのメッセージを受け取った主張。これらのいくつかは書籍の形でまとめられることになる。ブラヴァツキーの事例は心霊現象研究協会(心霊研究協会)のリチャード・ホジソンによる ホジソン・レポートで検証が行われている。神智学協会で働くエマ・クローンが、1884年に「マハートマー書簡」がブラヴァツキーによって書かれた証拠と共に、「奇跡」の手の内を暴露した(クローン事件)。これを受けた心霊現象研究協会の調査で、「物質化」のトリックが解明される。マドラスの神智学協会の脱退者であるクローン夫婦の助けを得たものであるという結果が示され、虚偽性が非難された。神智学協会側はこれを否定したが、心霊現象研究協会の社会的信頼は大きく、神智学協会に大きな社会的打撃を与えた。1986年に心霊現象研究協会ヴァーノン・ハリソンが同レポートの正確性を研究し、ホジソンの調査には認知バイアスがかかっており、科学的調査とは言えないと指摘している。神智学・人智学を日本に紹介する高橋巌は、1986年に心霊現象研究協会が亡きブラヴァツキーに謝罪したという伝聞を伝えている。ホジソンの調査の信頼性や価値については、現在も意見が分かれている。ただし、ホジソンに誤りがあったとしても、それがブラヴァツキーが起こしたという奇跡を保証するわけではなく、ホジソン・レポートへの疑問が、マハートマー書簡の物質化という超自然現象の肯定を意味するわけではない。
rdfs:label
  • マハートマー書簡
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of