Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マハーセーナ(Mahasen あるいは Mahasena)は古代スリランカのアヌラーダプラ王国の王である。その治世は西暦275年 - 301年と考えられており、スリランカで灌漑のために大規模な貯水池を作り始め、16の貯水プールを造ったとされる。マハーワンサによると、王に即位してからは上座部仏教(テーラワーダ、Theravada)の僧たちを敵視し、その最大の拠点であったマハーヴィハーラを含めて複数の寺院を廃した。その後に部下の言葉に従い敵視をやめ、ジェータワナ・ラーマヤのストゥーパを建立した。また人々はマハーセーナがミネリヤに貯水池を造ったことに感謝し、マハーセーナをミネリ・デウィヨ (ミネリヤの神) と呼ぶようになった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2289181 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5072 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53139686 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • マハーセーナ
prop-ja:出生日
  • 不詳
prop-ja:君主号
  • アヌラーダプラ王
prop-ja:在位
  • 275 (xsd:integer)
prop-ja:宗教
prop-ja:死亡日
  • 301 (xsd:integer)
prop-ja:父親
prop-ja:王家
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マハーセーナ(Mahasen あるいは Mahasena)は古代スリランカのアヌラーダプラ王国の王である。その治世は西暦275年 - 301年と考えられており、スリランカで灌漑のために大規模な貯水池を作り始め、16の貯水プールを造ったとされる。マハーワンサによると、王に即位してからは上座部仏教(テーラワーダ、Theravada)の僧たちを敵視し、その最大の拠点であったマハーヴィハーラを含めて複数の寺院を廃した。その後に部下の言葉に従い敵視をやめ、ジェータワナ・ラーマヤのストゥーパを建立した。また人々はマハーセーナがミネリヤに貯水池を造ったことに感謝し、マハーセーナをミネリ・デウィヨ (ミネリヤの神) と呼ぶようになった。
rdfs:label
  • マハーセーナ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:元首等氏名 of
is foaf:primaryTopic of