Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マニラ軍事裁判(マニラぐんじさいばん)とは、第二次世界大戦後、フィリピン ルソン島のマニラで開かれたアメリカ軍による日本のBC級戦争犯罪人に対する軍事裁判。1945年10月8日から始まり、1947年4月15日に最終判決が下された。山下奉文陸軍大将以下212名が起訴され、177名が有罪、35名が無罪となった。根拠法は、1945年9月24日太平洋地域米軍陸軍総司令部 (GHQ/AFPAC) 公布「戦争犯罪人裁判規程(英: Regulations Governing the Trials of War Criminals)、同年12月5日連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ/SCAP) 公布「戦争犯罪被告人規程(英: Regulations Governing the Trials of Accused War Criminals)。フィリピンでは、アメリカ軍のマニラ軍事裁判(管轄最高責任者はアメリカ軍第6軍司令官ウォルター・クルーガー中将)と、フィリピン軍のフィリピン軍事裁判(管轄最高責任者はマニュエル・ロハスフィリピン大統領)の2つの裁判が執り行われた。第二次世界大戦について、日本側の行為のみを一方的に裁く裁判は各地で執り行われ、戦争賠償・補償ついては各地の軍事裁判での裁きと被害各国との間で条約・協定等が締結、履行された事により国際法上解決している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 377104 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2593 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 80 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56491598 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マニラ軍事裁判(マニラぐんじさいばん)とは、第二次世界大戦後、フィリピン ルソン島のマニラで開かれたアメリカ軍による日本のBC級戦争犯罪人に対する軍事裁判。1945年10月8日から始まり、1947年4月15日に最終判決が下された。山下奉文陸軍大将以下212名が起訴され、177名が有罪、35名が無罪となった。根拠法は、1945年9月24日太平洋地域米軍陸軍総司令部 (GHQ/AFPAC) 公布「戦争犯罪人裁判規程(英: Regulations Governing the Trials of War Criminals)、同年12月5日連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ/SCAP) 公布「戦争犯罪被告人規程(英: Regulations Governing the Trials of Accused War Criminals)。フィリピンでは、アメリカ軍のマニラ軍事裁判(管轄最高責任者はアメリカ軍第6軍司令官ウォルター・クルーガー中将)と、フィリピン軍のフィリピン軍事裁判(管轄最高責任者はマニュエル・ロハスフィリピン大統領)の2つの裁判が執り行われた。第二次世界大戦について、日本側の行為のみを一方的に裁く裁判は各地で執り行われ、戦争賠償・補償ついては各地の軍事裁判での裁きと被害各国との間で条約・協定等が締結、履行された事により国際法上解決している。
rdfs:label
  • マニラ軍事裁判
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of