Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マニュファクチャラーチーム(Manufacturer Team)とは、世界ラリー選手権(WRC)において2006年シーズンから導入された、シーズンエントリーするチームに関するカテゴリーの名称。2006年はマニュファクチャラー2(Manufacturer two)という呼称だったが、2007年より現在の名称に改められている。いわゆるワークス・チームに相当する『マニュファクチャラー』(旧マニュファクチャラー1)がシーズン全戦に出場義務があるのに対し、マニュファクチャラーチームは16戦中10戦に出場すればよいほか、エントリーフィーも2万5000ユーロと格安になっている。このカテゴリーではWRカーを使用する場合は前年型の車を使うことになるほか、グループA・グループNの車でエントリーすることも可能。2006年シーズンはプジョー(ボジアンレーシング)、シュコダ(レッドブル・シュコダ)、フォード(ストバート)の3チームがマニュファクチャラー2としてWRCにエントリーした。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 430712 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 586 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51477555 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マニュファクチャラーチーム(Manufacturer Team)とは、世界ラリー選手権(WRC)において2006年シーズンから導入された、シーズンエントリーするチームに関するカテゴリーの名称。2006年はマニュファクチャラー2(Manufacturer two)という呼称だったが、2007年より現在の名称に改められている。いわゆるワークス・チームに相当する『マニュファクチャラー』(旧マニュファクチャラー1)がシーズン全戦に出場義務があるのに対し、マニュファクチャラーチームは16戦中10戦に出場すればよいほか、エントリーフィーも2万5000ユーロと格安になっている。このカテゴリーではWRカーを使用する場合は前年型の車を使うことになるほか、グループA・グループNの車でエントリーすることも可能。2006年シーズンはプジョー(ボジアンレーシング)、シュコダ(レッドブル・シュコダ)、フォード(ストバート)の3チームがマニュファクチャラー2としてWRCにエントリーした。
rdfs:label
  • マニュファクチャラーチーム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of