Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マニトバ湖(マニトバこ、Lake Manitoba)はカナダ中南部に位置する湖。カナダで13番目に大きい湖であり、マニトバ州ウィニペグの北西約75kmの位置にある。南北に細長い形状の湖であり南北約20km、面積は4,624km2に達する。北側にあるウィニペゴシス湖からウォーターヘン川が注ぎ込んでいる。マニトバ湖はネルソン川水系の一つであり、ドーファン川を通じウィニペグ湖へ注いでいる。これらの湖群は周辺の湖沼群も含めて、かつて存在した氷河湖であるアガシー湖の名残である。未確認動物であるマニポゴが棲息しているといわれている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1629256 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 860 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54999744 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • マニトバ湖
prop-ja:所在地
  • マニトバ州
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:面積
  • 4624 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マニトバ湖(マニトバこ、Lake Manitoba)はカナダ中南部に位置する湖。カナダで13番目に大きい湖であり、マニトバ州ウィニペグの北西約75kmの位置にある。南北に細長い形状の湖であり南北約20km、面積は4,624km2に達する。北側にあるウィニペゴシス湖からウォーターヘン川が注ぎ込んでいる。マニトバ湖はネルソン川水系の一つであり、ドーファン川を通じウィニペグ湖へ注いでいる。これらの湖群は周辺の湖沼群も含めて、かつて存在した氷河湖であるアガシー湖の名残である。未確認動物であるマニポゴが棲息しているといわれている。
rdfs:label
  • マニトバ湖
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of