Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マナセ(ヘブライ語: מְנַשֶּׁה‎、古希: Μανασσής)は、ユダヤ人男性の名。ヘブライ語で「忘れさせる者」の意。旧約聖書の登場人物としてのマナセは、以下の通りとなっている。ヨセフの長子で、ヤコブの孫。本項で詳述する。マナセ (ユダ王) - 南王国ユダの第14代の王。パハト・モアブの子と、ハシュムの子。ともに補囚中に異邦人の女と結婚し、帰還後にはエズラの勧めによって離婚した(エズラ記 10:30、33、44)。マナセは、ヨセフの長子で、ヤコブの孫。弟はエフライム。母親はエジプトのオンの祭司ポティ・フェラの娘アセテナ(創世記 41:45、50)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2076130 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2173 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50998258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マナセ(ヘブライ語: מְנַשֶּׁה‎、古希: Μανασσής)は、ユダヤ人男性の名。ヘブライ語で「忘れさせる者」の意。旧約聖書の登場人物としてのマナセは、以下の通りとなっている。ヨセフの長子で、ヤコブの孫。本項で詳述する。マナセ (ユダ王) - 南王国ユダの第14代の王。パハト・モアブの子と、ハシュムの子。ともに補囚中に異邦人の女と結婚し、帰還後にはエズラの勧めによって離婚した(エズラ記 10:30、33、44)。マナセは、ヨセフの長子で、ヤコブの孫。弟はエフライム。母親はエジプトのオンの祭司ポティ・フェラの娘アセテナ(創世記 41:45、50)。
rdfs:label
  • マナセ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of