Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マナスル(Manaslu )は、ネパールの山。ヒマラヤ山脈に属し、標高8,163 mは世界8位である。山名はサンスクリット語で「精霊の山」を意味するManasaから付けられている。初登頂は1956年5月9日に、今西壽雄・ギャルツェン・ノルブら日本隊によって達成されている。この成功は戦後の日本登山界に画期的な影響があり、空前絶後の登山ブームを巻き起こすなど社会現象になった。また登山隊が使用したビブラムソール、ナイロン製クライミングロープなどの新鋭機材は急速に普及した。
dbpedia-owl:alpsGroup
dbpedia-owl:firstAscentYear
  • 0009-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 369648 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3858 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 81 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59146243 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:初登頂
prop-ja:名称
  • マナスル
prop-ja:山系
prop-ja:標高
  • 8163 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • (マナスル・ベースキャンプから)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • マナスル(Manaslu )は、ネパールの山。ヒマラヤ山脈に属し、標高8,163 mは世界8位である。山名はサンスクリット語で「精霊の山」を意味するManasaから付けられている。初登頂は1956年5月9日に、今西壽雄・ギャルツェン・ノルブら日本隊によって達成されている。この成功は戦後の日本登山界に画期的な影響があり、空前絶後の登山ブームを巻き起こすなど社会現象になった。また登山隊が使用したビブラムソール、ナイロン製クライミングロープなどの新鋭機材は急速に普及した。
rdfs:label
  • マナスル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • マナスル
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of