Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マドセン機関銃とはユリアス・J・ラスムッセンとテオドア・ショービューによって開発された軽機関銃である。彼らはこれを、デンマーク軍事担当大臣ヴィルヘルム・ヘルマン・オルフ・マドセン将軍に採用するよう働きかけ、1902年にデンマーク陸軍へ採用された。本銃は本当に軽機関銃と呼べる兵器の最初期のひとつであり、量産されて世界の34ヶ国に広まった。また80年以上に渡って、世界中の様々な紛争において広汎に戦闘に投入された。マドセン軽機関銃はマドセンA/s社によって生産された。後期の生産はDansk Rekyl Riffel Syndikat A/Sが担当し、それからDansk Industri Syndikat A/Sに切り替わった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2357732 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7892 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57536685 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:作動方式
  • ロングリコイル作動
prop-ja:使用弾薬
  • 0.303000 (xsd:double)
  • 6.500000 (xsd:double)
  • 7 (xsd:integer)
  • 7.620000 (xsd:double)
  • 7.920000 (xsd:double)
prop-ja:全長
  • 1143.0
prop-ja:口径
  • 6.500000 (xsd:double)
prop-ja:名称
  • マドセン軽機関銃
prop-ja:有効射程
  • 550 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:発射速度
  • 450 (xsd:integer)
prop-ja:種類
prop-ja:装弾数
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:設計・製造
  • Dansk Rekyl Riffel Syndikat A/S
prop-ja:説明
  • マドセン軽機関銃および予備弾倉
prop-ja:重量
  • 9.07
prop-ja:銃口初速
  • 870 (xsd:integer)
prop-ja:銃身長
  • 584.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マドセン機関銃とはユリアス・J・ラスムッセンとテオドア・ショービューによって開発された軽機関銃である。彼らはこれを、デンマーク軍事担当大臣ヴィルヘルム・ヘルマン・オルフ・マドセン将軍に採用するよう働きかけ、1902年にデンマーク陸軍へ採用された。本銃は本当に軽機関銃と呼べる兵器の最初期のひとつであり、量産されて世界の34ヶ国に広まった。また80年以上に渡って、世界中の様々な紛争において広汎に戦闘に投入された。マドセン軽機関銃はマドセンA/s社によって生産された。後期の生産はDansk Rekyl Riffel Syndikat A/Sが担当し、それからDansk Industri Syndikat A/Sに切り替わった。
rdfs:label
  • マドセン機関銃
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of