Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • センティア(SENTIA )は、マツダで1991年から2000年にかけて販売された、Eセグメントに属するラグジュアリーサルーンである。ルーチェ自家用版の後継車にあたる同社のフラッグシップモデルで、アメリカ合衆国においてはルーチェと同じくマツダ・929(MAZDA 929 )として、1991年から1997年にかけて販売された。また、バッジエンジニアリングであるアンフィニMS-9が、同社が展開していた販売店ブランドアンフィニで、1991年から1994年にかけて販売された。車名のセンティアは、フランス語で「感じる」を意味するsentirとラテン語で「場所」を意味するiaとを組み合わせできた造語で、「感動を呼ぶ洗練された空間」の意味合いが込められている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 177419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5895 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59096975 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:1枚目画像の説明
  • --01-01
  • 日本仕様アンフィニ MS-9
prop-ja:1枚目画像名
  • 1995 (xsd:integer)
  • Centia.jpg
prop-ja:2枚目画像の説明
  • 前期型リア
  • 写真は北米仕様929
prop-ja:2枚目画像名
  • 1995 (xsd:integer)
  • Mazda_929_.jpg
prop-ja:3枚目画像の説明
  • 後期型(1997年9月-2000年)
prop-ja:3枚目画像名
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • 2.500000 (xsd:double)
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:サスペンション
  • 後:マルチリンク
  • 前:マルチリンク
prop-ja:デザイン
prop-ja:トランスミッション
  • 4 (xsd:integer)
  • 電子制御4速AT
prop-ja:ホイールベース
  • 2850.0
prop-ja:ボディタイプ
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:乗車定員
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:先代
prop-ja:全幅
  • 1795.0
prop-ja:全長
  • 4895.0
  • 4925.0
prop-ja:全高
  • 1380.0
  • 1420.0
prop-ja:後継
  • 無し
prop-ja:最高出力
  • 160 (xsd:integer)
  • 200 (xsd:integer)
  • 200.0
prop-ja:自由項目1(内容)_
  • 前: 1,510mm
  • 後: 1,525mm
prop-ja:自由項目1(項目名)_
  • トレッド
prop-ja:自由項目2(内容)_
  • 4.900000 (xsd:double)
  • 5.600000 (xsd:double)
prop-ja:自由項目2(項目名)_
  • 最小回転半径
prop-ja:販売期間
  • 1991 (xsd:integer)
  • --01-01
prop-ja:車両重量
  • 1530 (xsd:integer)
  • 1590 (xsd:integer)
prop-ja:車名
  • マツダ・センティア(2代目)
  • マツダ・センティア(初代)
prop-ja:車種
  • 普通自動車
prop-ja:駆動方式
  • FR
dcterms:subject
rdfs:comment
  • センティア(SENTIA )は、マツダで1991年から2000年にかけて販売された、Eセグメントに属するラグジュアリーサルーンである。ルーチェ自家用版の後継車にあたる同社のフラッグシップモデルで、アメリカ合衆国においてはルーチェと同じくマツダ・929(MAZDA 929 )として、1991年から1997年にかけて販売された。また、バッジエンジニアリングであるアンフィニMS-9が、同社が展開していた販売店ブランドアンフィニで、1991年から1994年にかけて販売された。車名のセンティアは、フランス語で「感じる」を意味するsentirとラテン語で「場所」を意味するiaとを組み合わせできた造語で、「感動を呼ぶ洗練された空間」の意味合いが込められている。
rdfs:label
  • マツダ・センティア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:姉妹車 of
is foaf:primaryTopic of