Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マックス・ヴェーバー(Max Weber、1864年4月21日 - 1920年6月14日)は、ドイツの社会学者・経済学者である。マックス・ウェーバーと表記されることもある(正式な名前はカール・エミール・マクスィミリアン・ヴェーバー (Karl Emil Maximilian Weber)。マックスはマクスィミリアンの省略形である)。同じく社会学者・経済学者のアルフレート・ヴェーバーの兄である。社会学の黎明期のコントやスペンサーに続く、第二世代の社会学者としてエミール・デュルケーム、ゲオルグ・ジンメルなどと並び称される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 29008 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11369 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 188 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58593848 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:color
  • #B0C4DE
prop-ja:imageCaption
  • 1894 (xsd:integer)
prop-ja:imageName
  • Max_Weber_1894.jpg
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名前
  • マックス・ヴェーバー
prop-ja:地域
prop-ja:学派
prop-ja:影響を与えた人物
prop-ja:没年月日
  • --06-14
prop-ja:特記すべき概念
prop-ja:生年月日
  • --04-21
prop-ja:研究分野
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マックス・ヴェーバー(Max Weber、1864年4月21日 - 1920年6月14日)は、ドイツの社会学者・経済学者である。マックス・ウェーバーと表記されることもある(正式な名前はカール・エミール・マクスィミリアン・ヴェーバー (Karl Emil Maximilian Weber)。マックスはマクスィミリアンの省略形である)。同じく社会学者・経済学者のアルフレート・ヴェーバーの兄である。社会学の黎明期のコントやスペンサーに続く、第二世代の社会学者としてエミール・デュルケーム、ゲオルグ・ジンメルなどと並び称される。
rdfs:label
  • マックス・ヴェーバー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:影響を与えた人物 of
is prop-ja:影響を受けた人物 of
is foaf:primaryTopic of