Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マーティン・カール・サンドバーグ(Martin Karl Sandberg、 1971年2月26日 - )はマックス・マーティン(Max Martin)の芸名で知られるスウェーデンの音楽プロデューサー、ソングライターである。ASCAPアワードとグラミー賞候補経験がある。バックストリート・ボーイズ、ブリトニー・スピアーズ、インシンク、ケリー・クラークソン、ケイティ・ペリー、ピンクなどのようなポップアーティストのためにヒット作を巧みに制作し、1990年代中頃にソングライターとしてブレークした。彼の初期のヒット曲には、バックストリート・ボーイズの「アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ」「ラージャー・ザン・ライフ」「ショー・ミー・ザ・ミーニング・オブ・ビーング・ロンリー」「エブリバディ (バックストリート・ボーイズ)」、ブリトニー・スピアーズの「ベイビー・ワン・モア・タイム」「ウップス…! アイ・ディド・イット・アゲイン」、セリーヌ・ディオンの「ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ」、ボン・ジョヴィの「イッツ・マイ・ライフ」などがある。1990年代後半から2000年代前半にかけての彼の音楽は、ダンス向きのピアノ/シンセラーデン・ポップサウンドにファンク、ヘビーメタル、ユーロポップなどを混合したスタイルが特徴であった。しかし、ケリー・クラークソンの2004年と2005年のヒット曲「シンス・ユー・ビー・ゴーン」「ビハインド・ジーズ・ヘイゼル・アイズ」あたりから、より重いロックサウンドが増えた。2009年からR&Bジャンルへも進出し、レオナ・ルイスやリアーナ、アッシャー、T.I.などの様なアーティストの為に楽曲を提供した。2008年からは彼はピンクの「ソー・ホワット」「レイズ・ユア・グラス」、ケイティ・ペリーの「ホット&コールド」「キス・ア・ガール」「ティーンエイジ・ドリーム」「カリフォルニア・ガールズ」、ケリー・クラークソンの「ウィズアウト・ユー」、ブリトニー・スピアーズの「ホールド・イット・アゲンスト・ミー」「スリー」と10つの1位獲得楽曲を持っている。また、2010年以降では、タイオ・クルーズの「ダイナマイト」、アッシャーの「DJ・ガット・アス・フォーリン・イン・ラヴ」、アダム・ランバートの「ウォント・フロム・ミー」、アヴリル・ラヴィーンの「ワット・ザ・ヘル」がチャートの10位内に入っている。
dbpedia-owl:activeYearsStartYear
  • 1985-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:background
  • maker
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:hometown
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 301402 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2653 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57340705 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:background
  • maker
prop-ja:birthName
  • マーティン・カール・サンドバーグ
prop-ja:born
  • 1971-02-26 (xsd:date)
prop-ja:genre
prop-ja:name
  • マックス・マーティン
prop-ja:occupation
prop-ja:origin
  • •ストックホルム
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:yearsActive
  • 1985 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • マーティン・カール・サンドバーグ(Martin Karl Sandberg、 1971年2月26日 - )はマックス・マーティン(Max Martin)の芸名で知られるスウェーデンの音楽プロデューサー、ソングライターである。ASCAPアワードとグラミー賞候補経験がある。バックストリート・ボーイズ、ブリトニー・スピアーズ、インシンク、ケリー・クラークソン、ケイティ・ペリー、ピンクなどのようなポップアーティストのためにヒット作を巧みに制作し、1990年代中頃にソングライターとしてブレークした。彼の初期のヒット曲には、バックストリート・ボーイズの「アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ」「ラージャー・ザン・ライフ」「ショー・ミー・ザ・ミーニング・オブ・ビーング・ロンリー」「エブリバディ (バックストリート・ボーイズ)」、ブリトニー・スピアーズの「ベイビー・ワン・モア・タイム」「ウップス…! アイ・ディド・イット・アゲイン」、セリーヌ・ディオンの「ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ」、ボン・ジョヴィの「イッツ・マイ・ライフ」などがある。1990年代後半から2000年代前半にかけての彼の音楽は、ダンス向きのピアノ/シンセラーデン・ポップサウンドにファンク、ヘビーメタル、ユーロポップなどを混合したスタイルが特徴であった。しかし、ケリー・クラークソンの2004年と2005年のヒット曲「シンス・ユー・ビー・ゴーン」「ビハインド・ジーズ・ヘイゼル・アイズ」あたりから、より重いロックサウンドが増えた。2009年からR&Bジャンルへも進出し、レオナ・ルイスやリアーナ、アッシャー、T.I.などの様なアーティストの為に楽曲を提供した。2008年からは彼はピンクの「ソー・ホワット」「レイズ・ユア・グラス」、ケイティ・ペリーの「ホット&コールド」「キス・ア・ガール」「ティーンエイジ・ドリーム」「カリフォルニア・ガールズ」、ケリー・クラークソンの「ウィズアウト・ユー」、ブリトニー・スピアーズの「ホールド・イット・アゲンスト・ミー」「スリー」と10つの1位獲得楽曲を持っている。また、2010年以降では、タイオ・クルーズの「ダイナマイト」、アッシャーの「DJ・ガット・アス・フォーリン・イン・ラヴ」、アダム・ランバートの「ウォント・フロム・ミー」、アヴリル・ラヴィーンの「ワット・ザ・ヘル」がチャートの10位内に入っている。
rdfs:label
  • マックス・マーティン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:givenName
  • マーティン・カール・サンドバーグ
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • マックス・マーティン
is dbpedia-owl:producer of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is dbpedia-owl:writer of
is prop-ja:associatedActs of
is prop-ja:producer of
is prop-ja:writer of
is foaf:primaryTopic of