Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:PopulatedPlace/areaTotal
  • 75.0
dbpedia-owl:abstract
  • マダ(アラビア語: مدحاء‎ マドハー,Madha,Madhah)はオマーンの飛地領土。オマーンの飛地領土であるムサンダム半島とオマーン本土に囲まれたアラブ首長国連邦の飛地であるシャールジャ首長国の飛地に囲まれたオマーンの飛地。ムサンダム特別行政区・マダ県に属する。北緯25度17分4秒、東経56度19分59秒に位置する。中心部の標高は41m。内陸部の飛び地であり、海岸線は有していない。)2003年現在の人口は2,246人。この飛地はフジャイラとKhor Fakkanを結んだ道路上にある75km2の土地であり、道路からマダに向けられた出口は2ヶ所整備されている。この飛地の国境は1969年に画定された。マダは「New Madha」と呼ばれる開発地区以外はほとんどが無人地帯で、「New Madha」には道路・学校・郵便局・銀行等があり、電力および真水の供給がなされ、滑走路及び警察も存在する。また、マダ地内のナワ(Nahwa)という土地は法的にはシャールジャ首長国の一部とされており、飛地内の飛地(二重飛地)を形成しており、同心円状の飛地の多重構造を持つ。
dbpedia-owl:areaTotal
  • 75000000.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:populationTotal
  • 2246 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1753797 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2278 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53309878 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:e(東経)及びw(西経)_
  • E
prop-ja:n(北緯)及びs(南緯)_
  • N
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:下位区分名
prop-ja:下位区分種類
prop-ja:人口の時点
  • 2003 (xsd:integer)
prop-ja:標高(フィート)_
  • 137 (xsd:integer)
prop-ja:標高(メートル)_
  • 41 (xsd:integer)
prop-ja:正式名称
  • マダ
prop-ja:画像
  • Madha1.jpg
prop-ja:画像の見出し
  • マダの道路標識
prop-ja:画像サイズ指定
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:等時帯
prop-ja:経度分
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 56 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 59 (xsd:integer)
prop-ja:総人口
  • 2246 (xsd:integer)
prop-ja:総面積(平方キロ)_
  • 75 (xsd:integer)
prop-ja:緯度分
  • 17 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:規模
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • マダ(アラビア語: مدحاء‎ マドハー,Madha,Madhah)はオマーンの飛地領土。オマーンの飛地領土であるムサンダム半島とオマーン本土に囲まれたアラブ首長国連邦の飛地であるシャールジャ首長国の飛地に囲まれたオマーンの飛地。ムサンダム特別行政区・マダ県に属する。北緯25度17分4秒、東経56度19分59秒に位置する。中心部の標高は41m。内陸部の飛び地であり、海岸線は有していない。)2003年現在の人口は2,246人。この飛地はフジャイラとKhor Fakkanを結んだ道路上にある75km2の土地であり、道路からマダに向けられた出口は2ヶ所整備されている。この飛地の国境は1969年に画定された。マダは「New Madha」と呼ばれる開発地区以外はほとんどが無人地帯で、「New Madha」には道路・学校・郵便局・銀行等があり、電力および真水の供給がなされ、滑走路及び警察も存在する。また、マダ地内のナワ(Nahwa)という土地は法的にはシャールジャ首長国の一部とされており、飛地内の飛地(二重飛地)を形成しており、同心円状の飛地の多重構造を持つ。
rdfs:label
  • マダ (オマーン)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • マダ
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of