Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『マジすか学園4』(マジすかがくえんフォー)は、2015年1月20日から3月31日まで毎週火曜日0:59 - 1:29(月曜日深夜)に、日本テレビで放送されたAKB48とその姉妹グループが出演する学園ドラマ。宮脇咲良と島崎遥香のダブル主演。マジすか学園シリーズの4作目であり、基本設定は『マジすか学園2』を継承する。なお、本項では日時を日本標準時で表記する。そのため提示された出典や公式サイトでの日時表記とは異なる。
dbpedia-owl:channel
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:endingTheme
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:openingTheme
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:starring
dbpedia-owl:storyEditor
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3095584 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 28167 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59138709 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:edテーマ
  • AKB48「ヤンキーロック」
prop-ja:opテーマ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
prop-ja:プロデューサー
prop-ja:備考
  • 脚本
  • 備考
  • 演出
  • 山岡潤平
  • 徳永友一
  • 岩本仁志
  • 山下学美
prop-ja:備考1のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考2のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考3のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:出演者
prop-ja:制作局
prop-ja:前番組
prop-ja:原作
prop-ja:外部リンク
prop-ja:外部リンク名
  • 公式サイト
prop-ja:放送分
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:放送回数
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:放送局
prop-ja:放送日
  • --01-20
  • --01-27
  • --02-03
  • --02-10
  • --02-17
  • --02-24
  • --03-10
  • --03-17
  • --03-24
  • --03-31
  • 放送日
prop-ja:放送日のスタイル
  • text-align:right;
prop-ja:放送時間
  • 火曜0:59 - 1:29(月曜深夜)
prop-ja:放送期間
  • --01-20
prop-ja:放送枠
  • 火曜0:59 - 1:29(月曜深夜)枠
prop-ja:概要
  • 1 (xsd:integer)
  • 他人に興味がなくこれまで名前を覚えられなかったソルトが、転校生の名前がさくらだと知っていた。さくらに倒され、土の冷たい感触や口の中に広がる血の味を味わいたいのかとおたべはソルトに問いかける。残念ながらその望みは叶わないと、ソルトに戦いを挑む前にラッパッパ四天王が必ずさくらを倒すとおたべは宣言する。もうすでにバカモノが動いており、彼女は人間が持つリミッターを外すことが可能で、火事場の馬鹿力を発揮することが出来る。バカモノを真正面から倒すことは容易ではないだろうと四天王は口々に話す。クソガキは1年生のときにバカモノに喧嘩を売り、一発で13mも吹っ飛ばされた。
  • 明らかに疲弊し相手を攻撃できる力も残されていないさくらにマジックは勝利を確信したが、マジの怒りで力を得た彼女には適わず倒されしまう。
  • どこにも「てん・こうせい」と呼ばれる人物はいなかったと報告するバカモノにソルトは、さくらという名前だと教える。さらに勘違いしたバカモノは「てん・こうせい・さくら」かと質問していた。
  • さくらが逃げたと思い込んでいるバカモノが再び彼女に戦いを挑み、最初はさくらが優勢に進めていたが、しかしリミッターを外したバカモノに形勢を逆転され、立ち上がることもままならない状態までさくらは打撃を打ち込まれる。なんとか立ち上がったさくらはノーガード戦法で隙を作り、クロスカウンターでバカモノの動きを殺し、アッパーカットでダウンを奪う。
  • バカモノはさくらが所属するクラスに現れ、チーム火鍋に果たし状を託す。四天王が挑戦者に戦いを挑むことは前例がないことだった。だが肝心な決闘場所が記されていなかった。
  • 相変わらずさくらに挨拶を交わしても無視され睨まれるが、1年生最強コンビはめげずに明るく振る舞わっている。
  • バカモノを倒したさくらの前にソルトが現れ、なぜてっぺんを目指すのかと問い、てっぺんは退屈で空虚さしかないとソルトはさくらに忠告するが、てっぺんを見上げるのは首が痛いから上に立ちたいと決意を変えない彼女にソルトは、期待し待っているとその場を後にする。
  • さくらに敗れ、四天王の名に傷をつけたヨガにマジックが制裁を加えようとしたがおたべによって止められ、さらにソルトから「気にするな、誰もお前には期待していない」と発言されたことでヨガは発狂し椅子を投げつけるも、おたべに「見苦しい」と慰められる。
  • 一方激尾古では、ヨガがさくらを狩るために動いたと、ツリシからの報告を聞いたアントニオは、仲間同士で潰し合い弱体化するまで待つ。早くマジ女を潰したいと先走るこびーを、アントニオは虎が狩りをするタイミングに例えて彼女を諌める。
  • 激尾古生徒は総長の厳命に従わず、チーム火鍋に喧嘩を仕掛けるも、反対に返り討ちに合いやられてしまう。そしてマジ女のてっぺんを目指し鹿児島から転校して来たさくらは、定食屋店主・みなみやチーム火鍋の情報でマジ女を仕切っている存在はラッパッパだと知る。彼女たちがいる部室へ向かおうとした時にさくらの前にチーム火鍋が立ちはだかるが、圧倒的な強さで彼女たちを一蹴する。
  • ラッパッパ内でさくらが話題に上り、「てん・こうせい」という名前だとバカモノは勘違いし、すかさずマジックが訂正するツッコミを入れていた。バカモノはソルトにさくらを倒すことについては好きにしろと言われた際に、かなり嬉しそうにさくらの名前と顔を知らないまま探しに行き、さくら本人にも「てん・こうせい」を知らないかと尋るが、探している相手だと気付かなかった。
  • その記憶力の低さ故におたべに留年年数を聞いてしまい、おたべは怒り、彼女に向って両指鼻フックをかけ、「鼻に指を突っ込んで脳みそ弄ったろか」とキレていた。バカモノはおたべに「声の距離感も馬鹿」と言われる程の声の大きさでソルトを起こしてしまい、バカモノはソルトにぶん殴られた。
  • さくらがマジックにいたぶられ窮地に陥っている中で一年生最強コンビが助けにはいり立ち向かうが、過剰に暴行を加えられるだけで全く歯が立たなかった。さくらを本気で助けたいと思う一年生最強コンビの気持ちをマジックは馬鹿にして薄ら笑いを浮かべ、マジな気持ちを踏みにじるマジックにさくらがきれて、渾身の力を振り絞って、手錠を自力で外す。
  • 転校生のさくらがチーム火鍋を倒した話がマジ女生徒の間で口々に広まっていた。
  • チーム火鍋に挑発された1年生最強コンビはさくらに戦いを挑み連続攻撃を繰り出すが、マジになりきれていない気持ちやただ邪魔者を遊びで倒している彼女たちの拳では、さくらにダメージを与えることは出来ない。1年生最強コンビは全ての実力を出し切る前に、敢え無く倒されてしまう。そして喧嘩に負けるマジの悔しさを初めて知ることになる。バカモノは1年生最強コンビが部室に上がってくる日を期待していた。
  • 珍しく起きているソルトに対しておたべは、誰でも好き好んで孤独になったりはしないと切り出し、四天王の力では退屈を埋めてやれない事を謝り、不憫だと話した。ソルトは道端で他校と喧嘩する激尾古生徒を瞬殺し、「あなたたちでは私の退屈は止められない」と悩みを吐露する。
  • ヤンキーに襲われていたマジ女のマサムネ、ブサカワはOGのこじはるに助けられ、彼女をこじはるパイセンと呼び慕っていた。
  • バカモノを倒したさくらが話題に上り、彼女を一目見ようと他生徒がさくらのいるクラスに殺到する。マジックショーのプレミアチケットがさくらに当選したというアナウンスが全校放送で流れる。それはマジックが動き出す合図だった。
  • マジ女のてっぺんに君臨するラッパッパ(吹奏楽部)の部室では、ソルトはいつも通りに部長室で寝ており、バカモノはトランプマジックの相手をしていたが、自分で選んだカードすら覚えられない程の記憶力の低さでマジックやヨガに馬鹿にされ、マジックはグタグダに終わる。
  • ソルトは自分が守ると意気込むヨガはバカモノと同じようにさくらを探すためにチーム火鍋の所へ行き、ドドブスの耳を引っ張りさくらの居場所を強引に聞き出そうとするが、クソガキは居場所を知らないと答える。苛立ちを隠せないヨガは「私は汚いもの」は嫌いだとさらにチーム火鍋を追い込むように脅し、音楽準備室に来るよう伝えろと半ば強引な伝言を残し去っていく。
  • マジ女のてっぺん宣言をしたさくらにマジックは興味ない振りをして素っ気ない態度を見せるが、「負けず嫌いで本当は誰よりも悔しいくせ」にとおたべに煽られる。さくらが次に狙うのは「ソルトの首」かというおたべの発言にヨガは反応し、ソルトには指一本触れさせないとヨガはスカジャンを手に部室を出た。一方でソルトはさくらに対して、「早く来い」と期待する言葉を言っている。
  • チーム火鍋によれば、ソルトはマジ女のてっぺんに興味がなく、周囲の煩い蝿(他生徒)を払っていたら全員を倒してしまい、てっぺんに立ってしまったという異色な部長だと話す。
  • ヨガとチーム火鍋の会話を聞いていた1年生最強コンビは、さくらより先にヨガの前に現れ、戦いを挑む。さくらの「マジに生きなければ」という言葉に心を動かされた1年生最強コンビは、さくらの舎弟になりたいと訴えるが、誰とも仲間になる気はないと彼女に突き放されてしまう。
  • さくらは四天王のヨガと対峙し、ヨガの柔軟な受け身で攻撃を交わされ、キレのあるヨガの波状攻撃でさくらは防戦一方になり、更にはマウントポジションで殴られ続けピンチになるも、てっぺんを取りたいという強い想いがこもったボディブローでヨガの動きを止め、留めの拳でヨガを倒す。さくらに拒絶されても彼女の勝利を信じ待っていた1年生最強コンビがヨガとの戦いで傷ついたさくらに付き添い、何度もさくらが近づくなと振り払っても、彼女たちはさくらの側を離れようとしなかった。
  • さくらは「前しか向かない」と固い決意を表す。マジでてっぺんを狙う意気込みを聞いたチーム火鍋はマジ女の勢力図について彼女に話して聞かせる。
  • 翌朝さくらが登校したときにクイーンのカードがマジックによって投げ込まれ、マジックショーが始まる。美術室に誘い込まれたさくらは、マジックと戦っている中で彼女はマジックの術中に嵌り、手錠をかけられ身動きが取れなくなってしまう。
prop-ja:次番組
prop-ja:演出
prop-ja:番組名
  • --01-20
  • 【ここのみドラマ枠】
  • マジすか学園4
prop-ja:脚本
prop-ja:製作総指揮
prop-ja:話数
  • 第10話
  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話
  • 第7話
  • 第8話
  • 第9話
  • 話数
prop-ja:題名
  • サブタイトル
  • vs おたべ
  • vs こびー
  • vs アントニオ
  • vs カミソリ&ゾンビ
  • vs シロギク&クロバラ
  • vs ソルト
  • vs チーム火鍋
  • vs バカモノ
  • vs マジック
  • vs ヨガ
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『マジすか学園4』(マジすかがくえんフォー)は、2015年1月20日から3月31日まで毎週火曜日0:59 - 1:29(月曜日深夜)に、日本テレビで放送されたAKB48とその姉妹グループが出演する学園ドラマ。宮脇咲良と島崎遥香のダブル主演。マジすか学園シリーズの4作目であり、基本設定は『マジすか学園2』を継承する。なお、本項では日時を日本標準時で表記する。そのため提示された出典や公式サイトでの日時表記とは異なる。
rdfs:label
  • マジすか学園4
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • マジすか学園4
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:3次番組 of
is prop-ja:前番組 of
is foaf:primaryTopic of