Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マサチューセッツ湾植民地(マサチューセッツわんしょくみんち、英: Massachusetts Bay Colony、植民地を作った主体である「マサチューセッツ湾会社」英: Massachusetts Bay Companyと呼ばれることもある)は、17世紀の北アメリカ東海岸にイギリスが創った植民地である。ニューイングランドに属し、今日のセイラムとボストンを中心にしていた。その地域は現在アメリカ合衆国50州の一つマサチューセッツ州となっている。この植民地は、ジョン・ウィンスロップを指導者とし、ピューリタンの中でもイギリス国教会から分離しない非分離派によって、聖書の教えを実践する共和国を創設することを目的に建設された。1630年の建設から、最初の年に1000人以上、1643年までにはおよそ2万人が居住し、当時のバージニア植民地の人口の2.5倍にのぼった。イギリス人によるこの入植は原住民インディアン民族と白人入植者の領土を巡る血生臭い北米植民地戦争の舞台となり、その後も続く「インディアン戦争」(民族浄化)の端緒となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1191846 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12873 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54913047 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マサチューセッツ湾植民地(マサチューセッツわんしょくみんち、英: Massachusetts Bay Colony、植民地を作った主体である「マサチューセッツ湾会社」英: Massachusetts Bay Companyと呼ばれることもある)は、17世紀の北アメリカ東海岸にイギリスが創った植民地である。ニューイングランドに属し、今日のセイラムとボストンを中心にしていた。その地域は現在アメリカ合衆国50州の一つマサチューセッツ州となっている。この植民地は、ジョン・ウィンスロップを指導者とし、ピューリタンの中でもイギリス国教会から分離しない非分離派によって、聖書の教えを実践する共和国を創設することを目的に建設された。1630年の建設から、最初の年に1000人以上、1643年までにはおよそ2万人が居住し、当時のバージニア植民地の人口の2.5倍にのぼった。イギリス人によるこの入植は原住民インディアン民族と白人入植者の領土を巡る血生臭い北米植民地戦争の舞台となり、その後も続く「インディアン戦争」(民族浄化)の端緒となった。
rdfs:label
  • マサチューセッツ湾植民地
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:birthPlace of
is dbpedia-owl:place of
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:allegiance of
is prop-ja:birthPlace of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:deathPlace of
is prop-ja:result of
is prop-ja:出生地 of
is prop-ja:生誕地 of
is foaf:primaryTopic of