Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マグヌス効果(マグヌスこうか、英: Magnus effect)は、一様流中に置かれた回転する円柱または球に、一様流に対して垂直方向の力(揚力)がはたらく現象のことである。一般的にはマグナス効果とも言われる。飛行中に回転している物体の軌道が曲がる現象がベンジャミン・ロビンスによって観察され、1852年にドイツの科学者ハインリッヒ・グスタフ・マグヌスによってはじめて認識された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 134460 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2275 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58175487 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マグヌス効果(マグヌスこうか、英: Magnus effect)は、一様流中に置かれた回転する円柱または球に、一様流に対して垂直方向の力(揚力)がはたらく現象のことである。一般的にはマグナス効果とも言われる。飛行中に回転している物体の軌道が曲がる現象がベンジャミン・ロビンスによって観察され、1852年にドイツの科学者ハインリッヒ・グスタフ・マグヌスによってはじめて認識された。
rdfs:label
  • マグヌス効果
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of