Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マグダラ (Magdala) (ヘブライ語:ミグダル=מגדל「塔」)はタルムードにおいてミグダル・ヌナヤ(「魚の塔」)という呼び名で現れる、イスラエルのガリラヤ湖北西岸に位置する、古代におけるガリラヤの都市の一つ。現在のミグダル(Migdal)に相当する。新約聖書ではミグダルのアラム語形マグダラがギリシャ語に写記されている。フラウィウス・ヨセフスの著作ではタリケイア(ギリシャ語で「塩漬けの肉(とりわけ魚肉)」の意)と記されている。マグダラのマリアの出身地と目される。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2028312 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 461 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57867394 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マグダラ (Magdala) (ヘブライ語:ミグダル=מגדל「塔」)はタルムードにおいてミグダル・ヌナヤ(「魚の塔」)という呼び名で現れる、イスラエルのガリラヤ湖北西岸に位置する、古代におけるガリラヤの都市の一つ。現在のミグダル(Migdal)に相当する。新約聖書ではミグダルのアラム語形マグダラがギリシャ語に写記されている。フラウィウス・ヨセフスの著作ではタリケイア(ギリシャ語で「塩漬けの肉(とりわけ魚肉)」の意)と記されている。マグダラのマリアの出身地と目される。
rdfs:label
  • マグダラ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of