Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マクラーレン M7Aは、ロビン・ハードとゴードン・コパックが設計し、マクラーレンが製造したフォーミュラ1カーで、1968年から1971年にかけてF1世界選手権で使用された。V型8気筒のDFVエンジンを搭載したM7Aは、1968年ベルギーGPでマクラーレンチームにとってF1での初勝利を記録した。このレースでブルース・マクラーレンは、自身の名を冠した車両で勝利を挙げた、F1GP史上2人目のドライバーになった(1人目は1966年フランスグランプリで記録したジャック・ブラバム)。また、同年のカナダGPではデニス・ハルムとブルース・マクラーレンがマクラーレンにとって初の1-2フィニッシュを記録した。M7Aを基に車体仕様や搭載エンジンが変更されたM7B、M7C、M7Dも製造された。M7Bは1969年に使用された車両で、葉巻型のM7Aと異なり、燃料タンクを内蔵した、車体と一体のサイドポッドが取り付けられていた。M7Bは1台のみが製造され、後にアンティーク・オートモビルに売却されてヴィック・エルフォードをドライバーとしてF1に参戦した。1969年ドイツグランプリで激しくクラッシュしてエルフォードは負傷し、M7Bは廃車された。M7Cは1969年にブルース・マクラーレンが使用した車両で、モノコックはF5000用のM10Aのものをベースとしていた。M7Dは、M7AからM7Cまでの3車と異なり、アルファ・ロメオ製のV型8気筒エンジンを搭載した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2024339 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10943 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 142 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58614399 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:turbo/na
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
prop-ja:エンジン形式
prop-ja:カテゴリー
prop-ja:ギアボックス
  • ヒューランド製 DG300
prop-ja:ギア形式
prop-ja:コンストラクター
prop-ja:コンストラクターズタイトル
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:シャシー
prop-ja:タイヤ
prop-ja:チーム
prop-ja:デザイナー
prop-ja:ドライバー
  • デニス・ハルム
  • ダン・ガーニー
  • ブルース・マクラーレン
prop-ja:ドライバーズタイトル
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:ファステストラップ
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:ポールポジション
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:マシン名
  • マクラーレン・M7A
prop-ja:優勝回数
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:出走回数
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:初戦
  • 1968 (xsd:integer)
prop-ja:変速
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:排気量
  • 2993.0
prop-ja:燃料
prop-ja:画像
  • Hulme68.jpg
prop-ja:配置
  • ミッドエンジン, 縦置き
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マクラーレン M7Aは、ロビン・ハードとゴードン・コパックが設計し、マクラーレンが製造したフォーミュラ1カーで、1968年から1971年にかけてF1世界選手権で使用された。V型8気筒のDFVエンジンを搭載したM7Aは、1968年ベルギーGPでマクラーレンチームにとってF1での初勝利を記録した。このレースでブルース・マクラーレンは、自身の名を冠した車両で勝利を挙げた、F1GP史上2人目のドライバーになった(1人目は1966年フランスグランプリで記録したジャック・ブラバム)。また、同年のカナダGPではデニス・ハルムとブルース・マクラーレンがマクラーレンにとって初の1-2フィニッシュを記録した。M7Aを基に車体仕様や搭載エンジンが変更されたM7B、M7C、M7Dも製造された。M7Bは1969年に使用された車両で、葉巻型のM7Aと異なり、燃料タンクを内蔵した、車体と一体のサイドポッドが取り付けられていた。M7Bは1台のみが製造され、後にアンティーク・オートモビルに売却されてヴィック・エルフォードをドライバーとしてF1に参戦した。1969年ドイツグランプリで激しくクラッシュしてエルフォードは負傷し、M7Bは廃車された。M7Cは1969年にブルース・マクラーレンが使用した車両で、モノコックはF5000用のM10Aのものをベースとしていた。M7Dは、M7AからM7Cまでの3車と異なり、アルファ・ロメオ製のV型8気筒エンジンを搭載した。
rdfs:label
  • マクラーレン・M7A
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of