Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヨハンナ・マリア・マクダレナ・ゲッベルス(Johanna Maria Magdalena Goebbels, 1901年11月11日 - 1945年5月1日)はナチス・ドイツの宣伝相、ヨーゼフ・ゲッベルスの妻。いわゆる第三帝国の掲げる理想を具現化した母親像として宣伝に加担した。第二次世界大戦の末期、ソビエト赤軍がベルリンに侵攻した際(ベルリン市街戦)、夫ヨーゼフとの間に生まれた6人の子供達を殺害し自殺した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1239566 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6928 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57859619 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヨハンナ・マリア・マクダレナ・ゲッベルス(Johanna Maria Magdalena Goebbels, 1901年11月11日 - 1945年5月1日)はナチス・ドイツの宣伝相、ヨーゼフ・ゲッベルスの妻。いわゆる第三帝国の掲げる理想を具現化した母親像として宣伝に加担した。第二次世界大戦の末期、ソビエト赤軍がベルリンに侵攻した際(ベルリン市街戦)、夫ヨーゼフとの間に生まれた6人の子供達を殺害し自殺した。
rdfs:label
  • マクダ・ゲッベルス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of