Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マクシミリアン1世(Maximilian I, 1459年3月22日 - 1519年1月12日)は、ハプスブルク家出身のオーストリア大公、神聖ローマ皇帝(在位:1493年 - 1519年)。ハプスブルク家の隆盛の基礎を築いたことから、マクシミリアン大帝と称される。また武勇に秀で立派な体躯に恵まれ、芸術の保護者であったことから、中世最後の騎士とも謳われる。ハプスブルク家ならではの多民族国家の姿が、マクシミリアン1世の時代に生み出されていった。皇帝フリードリヒ3世と皇后エレオノーレの長男で、その名はポエニ戦争で活躍した2人のローマ人、ファビウス・マクシムス(Fabius Maximus)とスキピオ・アエミリアヌス(Scipio Aemilianus, 小スキピオ)にちなむ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 156527 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14498 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 244 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57050802 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • マクシミリアン1世
prop-ja:出生日
  • --03-22
prop-ja:各国語表記
  • Maximilian I
prop-ja:君主号
prop-ja:在位
  • ブルゴーニュ公:1477年 - 1482年
  • 神聖ローマ皇帝:1493年 - 1519年
prop-ja:子女
prop-ja:死亡日
  • --01-12
prop-ja:母親
prop-ja:没地
prop-ja:父親
prop-ja:王家
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
prop-ja:画像
  • Bernhard Strigel 007.jpg
prop-ja:画像説明
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マクシミリアン1世(Maximilian I, 1459年3月22日 - 1519年1月12日)は、ハプスブルク家出身のオーストリア大公、神聖ローマ皇帝(在位:1493年 - 1519年)。ハプスブルク家の隆盛の基礎を築いたことから、マクシミリアン大帝と称される。また武勇に秀で立派な体躯に恵まれ、芸術の保護者であったことから、中世最後の騎士とも謳われる。ハプスブルク家ならではの多民族国家の姿が、マクシミリアン1世の時代に生み出されていった。皇帝フリードリヒ3世と皇后エレオノーレの長男で、その名はポエニ戦争で活躍した2人のローマ人、ファビウス・マクシムス(Fabius Maximus)とスキピオ・アエミリアヌス(Scipio Aemilianus, 小スキピオ)にちなむ。
rdfs:label
  • マクシミリアン1世 (神聖ローマ皇帝)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:父親 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of