Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マキャヴェッリ的知性仮説(マキャヴェッリてきちせいかせつ、"Machiavellian intelligence" hypothesis)または社会脳仮説(しゃかいのうかせつ、"Social brain" hypothesis)とは、人間の持つ高度な知的能力は、複雑な社会的環境への適応として進化した、という仮説。「マキャヴェッリ的」という言葉は、15世紀イタリアの政治思想家ニッコロ・マキャヴェッリに由来し、マキャヴェッリの著書『君主論』に出てくるような意味での、社会的・権謀術数的な駆け引きの能力が、個体の適応度に大きな影響を与えたのではないか、とする。心理学者・哲学者ニコラス・ハンフリーが1976年に『知性の社会的機能』として提案し、バーンとホワイトゥンが「マキャヴェッリ的」いう印象的な呼称を与えた。しかし「マキャヴェッリ的」という言葉は仮説の大まかなイメージを伝えるのには非常に適しているが、反面マキャヴェリズムという言葉の使われ方からも分かるように、「マキャヴェッリ的」という言葉は「自己の利益のみを関心事として、目標の実現のために手段を選ばず行動する」といった強いニュアンスを持つ。しかし血縁淘汰の研究などからも知られるように、生物個体は必ずしも個体単位で利己的なわけではない。そのため「社会的」という言葉の方が意味的にはより中立的で正確である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1235633 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2165 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53518005 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マキャヴェッリ的知性仮説(マキャヴェッリてきちせいかせつ、"Machiavellian intelligence" hypothesis)または社会脳仮説(しゃかいのうかせつ、"Social brain" hypothesis)とは、人間の持つ高度な知的能力は、複雑な社会的環境への適応として進化した、という仮説。「マキャヴェッリ的」という言葉は、15世紀イタリアの政治思想家ニッコロ・マキャヴェッリに由来し、マキャヴェッリの著書『君主論』に出てくるような意味での、社会的・権謀術数的な駆け引きの能力が、個体の適応度に大きな影響を与えたのではないか、とする。心理学者・哲学者ニコラス・ハンフリーが1976年に『知性の社会的機能』として提案し、バーンとホワイトゥンが「マキャヴェッリ的」いう印象的な呼称を与えた。しかし「マキャヴェッリ的」という言葉は仮説の大まかなイメージを伝えるのには非常に適しているが、反面マキャヴェリズムという言葉の使われ方からも分かるように、「マキャヴェッリ的」という言葉は「自己の利益のみを関心事として、目標の実現のために手段を選ばず行動する」といった強いニュアンスを持つ。しかし血縁淘汰の研究などからも知られるように、生物個体は必ずしも個体単位で利己的なわけではない。そのため「社会的」という言葉の方が意味的にはより中立的で正確である。
rdfs:label
  • マキャベリ的知性仮説
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of