マウンド (Mound) は、土、砂、礫、石などを人工的に積み重ねた小さな山 (Mountain) や丘 (Hill) になった盛り土であるが、塚が意味合いとして一番近く、土塁や古墳 (Kofun) 、墳丘墓 (Tumulus) なども日本では「塚」という。 1. * 英語圏では、墳丘墓や遺跡の塚状の土木構築物もしくは建造物の土台としての盛り土などを指し、用途を特定しない場合も多い。例えば先コロンブス期の北米では、アデナ文化、、ミシシッピ文化などが繁栄し、多くの墳丘墓や塚状の土木構築物を残した。これらの文化の担い手たちは、「マウンドビルダー」(w:Mound Builders) と呼ばれた。世界遺産にもなっているイリノイ州、カホキアにあるモンクス・マウンドは、その好例として挙げられる。 2. * 日本においては、野球のグラウンドに設けられた「ピッチャーズマウンド」(Pitcher's mound) の略語としての「マウンド」が一般的である。本項で解説。 マウンドとは、野球において投手が投球する区域のことである。上から見ると円形で、土を盛って周囲のグラウンドよりも高くなっている。中央には投手板(ピッチャーズプレート、ラバーとも)と呼ばれる白色の板が埋め込まれている。なお、投手の「登板」という語はこの投手板の位置につくことに由来する。

Property Value
dbo:abstract
  • マウンド (Mound) は、土、砂、礫、石などを人工的に積み重ねた小さな山 (Mountain) や丘 (Hill) になった盛り土であるが、塚が意味合いとして一番近く、土塁や古墳 (Kofun) 、墳丘墓 (Tumulus) なども日本では「塚」という。 1. * 英語圏では、墳丘墓や遺跡の塚状の土木構築物もしくは建造物の土台としての盛り土などを指し、用途を特定しない場合も多い。例えば先コロンブス期の北米では、アデナ文化、、ミシシッピ文化などが繁栄し、多くの墳丘墓や塚状の土木構築物を残した。これらの文化の担い手たちは、「マウンドビルダー」(w:Mound Builders) と呼ばれた。世界遺産にもなっているイリノイ州、カホキアにあるモンクス・マウンドは、その好例として挙げられる。 2. * 日本においては、野球のグラウンドに設けられた「ピッチャーズマウンド」(Pitcher's mound) の略語としての「マウンド」が一般的である。本項で解説。 マウンドとは、野球において投手が投球する区域のことである。上から見ると円形で、土を盛って周囲のグラウンドよりも高くなっている。中央には投手板(ピッチャーズプレート、ラバーとも)と呼ばれる白色の板が埋め込まれている。なお、投手の「登板」という語はこの投手板の位置につくことに由来する。 野球に類似した競技であるソフトボールにはマウンドはなく、ピッチャーズサークルと呼ばれる平坦な円形の区域の中に投手板があり、そこから投球する。 (ja)
  • マウンド (Mound) は、土、砂、礫、石などを人工的に積み重ねた小さな山 (Mountain) や丘 (Hill) になった盛り土であるが、塚が意味合いとして一番近く、土塁や古墳 (Kofun) 、墳丘墓 (Tumulus) なども日本では「塚」という。 1. * 英語圏では、墳丘墓や遺跡の塚状の土木構築物もしくは建造物の土台としての盛り土などを指し、用途を特定しない場合も多い。例えば先コロンブス期の北米では、アデナ文化、、ミシシッピ文化などが繁栄し、多くの墳丘墓や塚状の土木構築物を残した。これらの文化の担い手たちは、「マウンドビルダー」(w:Mound Builders) と呼ばれた。世界遺産にもなっているイリノイ州、カホキアにあるモンクス・マウンドは、その好例として挙げられる。 2. * 日本においては、野球のグラウンドに設けられた「ピッチャーズマウンド」(Pitcher's mound) の略語としての「マウンド」が一般的である。本項で解説。 マウンドとは、野球において投手が投球する区域のことである。上から見ると円形で、土を盛って周囲のグラウンドよりも高くなっている。中央には投手板(ピッチャーズプレート、ラバーとも)と呼ばれる白色の板が埋め込まれている。なお、投手の「登板」という語はこの投手板の位置につくことに由来する。 野球に類似した競技であるソフトボールにはマウンドはなく、ピッチャーズサークルと呼ばれる平坦な円形の区域の中に投手板があり、そこから投球する。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 226238 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 4275 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80560936 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • マウンド (Mound) は、土、砂、礫、石などを人工的に積み重ねた小さな山 (Mountain) や丘 (Hill) になった盛り土であるが、塚が意味合いとして一番近く、土塁や古墳 (Kofun) 、墳丘墓 (Tumulus) なども日本では「塚」という。 1. * 英語圏では、墳丘墓や遺跡の塚状の土木構築物もしくは建造物の土台としての盛り土などを指し、用途を特定しない場合も多い。例えば先コロンブス期の北米では、アデナ文化、、ミシシッピ文化などが繁栄し、多くの墳丘墓や塚状の土木構築物を残した。これらの文化の担い手たちは、「マウンドビルダー」(w:Mound Builders) と呼ばれた。世界遺産にもなっているイリノイ州、カホキアにあるモンクス・マウンドは、その好例として挙げられる。 2. * 日本においては、野球のグラウンドに設けられた「ピッチャーズマウンド」(Pitcher's mound) の略語としての「マウンド」が一般的である。本項で解説。 マウンドとは、野球において投手が投球する区域のことである。上から見ると円形で、土を盛って周囲のグラウンドよりも高くなっている。中央には投手板(ピッチャーズプレート、ラバーとも)と呼ばれる白色の板が埋め込まれている。なお、投手の「登板」という語はこの投手板の位置につくことに由来する。 (ja)
  • マウンド (Mound) は、土、砂、礫、石などを人工的に積み重ねた小さな山 (Mountain) や丘 (Hill) になった盛り土であるが、塚が意味合いとして一番近く、土塁や古墳 (Kofun) 、墳丘墓 (Tumulus) なども日本では「塚」という。 1. * 英語圏では、墳丘墓や遺跡の塚状の土木構築物もしくは建造物の土台としての盛り土などを指し、用途を特定しない場合も多い。例えば先コロンブス期の北米では、アデナ文化、、ミシシッピ文化などが繁栄し、多くの墳丘墓や塚状の土木構築物を残した。これらの文化の担い手たちは、「マウンドビルダー」(w:Mound Builders) と呼ばれた。世界遺産にもなっているイリノイ州、カホキアにあるモンクス・マウンドは、その好例として挙げられる。 2. * 日本においては、野球のグラウンドに設けられた「ピッチャーズマウンド」(Pitcher's mound) の略語としての「マウンド」が一般的である。本項で解説。 マウンドとは、野球において投手が投球する区域のことである。上から見ると円形で、土を盛って周囲のグラウンドよりも高くなっている。中央には投手板(ピッチャーズプレート、ラバーとも)と呼ばれる白色の板が埋め込まれている。なお、投手の「登板」という語はこの投手板の位置につくことに由来する。 (ja)
rdfs:label
  • マウンド (ja)
  • マウンド (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of