Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マインドンベ湖(仏: Lac Mai-Ndombe、マイヌドンベ湖とも)は、コンゴ民主共和国のバンドゥンドゥ州に位置する大きな淡水湖。南からフィミ川が流れ出し、カサイ川を経てコンゴ川に繋がる。「マインドンベ」とはリンガラ語で「黒い水」を意味するが、1972年まではベルギー王レオポルド2世にちなみ「レオポルド湖」と呼ばれていた。いびつな形をしているが、水深は平均で5m、最高でも10mと浅い。面積は2300平方キロで、雨季にはその2、3倍に達する。Ph値は4.2から5.5で、湖水の酸性化が進んでいる。流域の北部はうっそうとした熱帯雨林に覆われ、南部は森とサバンナが混在している。2009年11月28日には2隻の遊覧船が沈没し、73人が死亡した。その業者は無認可で、当時は270人の乗客がいたとされる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2280243 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2490 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57797146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:area
  • 890 (xsd:integer)
prop-ja:basinCountries
prop-ja:captionLake
  • 航空写真
prop-ja:depth
  • 5 m
prop-ja:imageLake
  • Lake Mai-Ndombe NASA.jpg
prop-ja:lakeName
  • マイヌドンベ湖
  • マインドンベ湖
prop-ja:location
prop-ja:maxDepth
  • 10 m
prop-ja:outflow
  • フィミ川
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • -2.0 18.33
rdf:type
rdfs:comment
  • マインドンベ湖(仏: Lac Mai-Ndombe、マイヌドンベ湖とも)は、コンゴ民主共和国のバンドゥンドゥ州に位置する大きな淡水湖。南からフィミ川が流れ出し、カサイ川を経てコンゴ川に繋がる。「マインドンベ」とはリンガラ語で「黒い水」を意味するが、1972年まではベルギー王レオポルド2世にちなみ「レオポルド湖」と呼ばれていた。いびつな形をしているが、水深は平均で5m、最高でも10mと浅い。面積は2300平方キロで、雨季にはその2、3倍に達する。Ph値は4.2から5.5で、湖水の酸性化が進んでいる。流域の北部はうっそうとした熱帯雨林に覆われ、南部は森とサバンナが混在している。2009年11月28日には2隻の遊覧船が沈没し、73人が死亡した。その業者は無認可で、当時は270人の乗客がいたとされる。
rdfs:label
  • マインドンベ湖
owl:sameAs
geo:lat
  • -2.000000 (xsd:float)
geo:long
  • 18.330000 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of