Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マインツ選帝侯領Kurfürstentum Mainzマインツの位置マインツ大司教(ドイツ語: Erzbistum Mainz)、またはマインツ選帝侯(ドイツ語: Kurfürstentum Mainz または Kurmainz )は、780/82年から1802年まで神聖ローマ帝国にあった、大きな力を持った司教領主である。カトリック教会のヒエラルキーではマインツ大司教はドイツにおける最高位の聖職者(primas Germaniae)であり、アルプス以北でのローマ教皇の代理人であった。マインツ大司教座は司教座の中でも、ローマ大司教座を除いて唯一、「聖」を付して「マインツ聖座」(Sancta Sedes Moguntina)と呼ばれていたが、現在ではこのような呼び方はあまり一般的ではなくなってきている。マインツ大司教区は神聖ローマ帝国に相当の領地を持っていた。その範囲はマインツ近郊のライン川両岸地帯、フランクフルトの上流までのマイン川一帯(アシャッフェンブルク含む)、ニーダーザクセン州とテューリンゲン州にまたがるアイヒスフェルト(Eichsfeld)地方、テューリンゲン州エアフルト周辺に及んでいた。マインツ大司教はまた選帝侯の1人であり、ドイツ大書記官長であり、実質的には1251年から、そして1263年から1803年の間は一貫して、皇帝選挙の投票場管理官でもあった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1077572 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3486 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 75 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56120057 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:continent
  • ヨーロッパ
prop-ja:country
  • ドイツ
prop-ja:empire
  • 神聖ローマ帝国
prop-ja:era
  • 中世
prop-ja:governmentType
  • 神政
prop-ja:region
  • 中央ヨーロッパ
prop-ja:status
  • 諸侯
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 1803 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • Karte Bistum Mainz.png
prop-ja:元首等年代始
  • 1774 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代終
  • 1802 (xsd:integer)
prop-ja:元首等氏名
  • カール・テオドール・フォン・ダールベルク
prop-ja:元首等肩書
  • 大司教・選帝侯
prop-ja:先代
  • フランケン大公
prop-ja:先旗
  • Frankenrechen.svg
prop-ja:国旗画像
  • Banner of the Electorate of Mainz.svg
prop-ja:国章画像
  • Wappen Erzbistum Mainz.png
prop-ja:変遷
prop-ja:変遷年月日
  • 780 (xsd:integer)
  • 1242 (xsd:integer)
  • 1251 (xsd:integer)
  • --02-25
  • --03-18
prop-ja:建国時期
  • 780 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • マインツ選帝侯領
prop-ja:次代
  • フランス第一帝政
  • プロイセン王国
  • ヘッセン大公国
  • アシャッフェンブルク公国
  • ナッサウ公国
prop-ja:次旗
  • Flag of the Kingdom of Prussia .svg
  • Flagge Großherzogtum Hessen ohne Wappen.svg
  • Flag_of_France.svg
  • Flagge Herzogtum Nassau .svg
  • Wappen Aschaffenburg.png
prop-ja:略名
  • マインツ
prop-ja:首都
  • マインツ
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マインツ選帝侯領Kurfürstentum Mainzマインツの位置マインツ大司教(ドイツ語: Erzbistum Mainz)、またはマインツ選帝侯(ドイツ語: Kurfürstentum Mainz または Kurmainz )は、780/82年から1802年まで神聖ローマ帝国にあった、大きな力を持った司教領主である。カトリック教会のヒエラルキーではマインツ大司教はドイツにおける最高位の聖職者(primas Germaniae)であり、アルプス以北でのローマ教皇の代理人であった。マインツ大司教座は司教座の中でも、ローマ大司教座を除いて唯一、「聖」を付して「マインツ聖座」(Sancta Sedes Moguntina)と呼ばれていたが、現在ではこのような呼び方はあまり一般的ではなくなってきている。マインツ大司教区は神聖ローマ帝国に相当の領地を持っていた。その範囲はマインツ近郊のライン川両岸地帯、フランクフルトの上流までのマイン川一帯(アシャッフェンブルク含む)、ニーダーザクセン州とテューリンゲン州にまたがるアイヒスフェルト(Eichsfeld)地方、テューリンゲン州エアフルト周辺に及んでいた。マインツ大司教はまた選帝侯の1人であり、ドイツ大書記官長であり、実質的には1251年から、そして1263年から1803年の間は一貫して、皇帝選挙の投票場管理官でもあった。
rdfs:label
  • マインツ大司教
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:location of
is prop-ja:title of
is prop-ja:死没地 of
is prop-ja:生誕地 of
is foaf:primaryTopic of