Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マイケル・ファラデー(Michael Faraday, 1791年9月22日 - 1867年8月25日)は、イギリスの化学者・物理学者(あるいは当時の呼称では自然哲学者)で、電磁気学および電気化学の分野での貢献で知られている。直流電流を流した電気伝導体の周囲の磁場を研究し、物理学における電磁場の基礎理論を確立。それを後にジェームズ・クラーク・マクスウェルが発展させた。同様に電磁誘導の法則、反磁性、電気分解の法則などを発見。磁性が光線に影響を与えること、2つの現象が根底で関連していることを明らかにした。電磁気を利用して回転する装置(電動機)を発明し、その後の電動機技術の基礎を築いた。それだけでなく電気を使ったテクノロジー全般が彼の業績から発展したものである。化学者としては、ベンゼンを発見し、塩素の包接水和物を研究し、原始的な形のブンゼンバーナーを発明し、酸化数の体系を提案した。アノード、カソード、電極 (electrode)、イオンといった用語はファラデーが一般化させた。ファラデーは高等教育を受けておらず、高度な数学もほとんど知らなかったが、史上最も影響を及ぼした科学者の1人とされている。科学史家は彼を科学史上最高の実験主義者と呼んでいる。静電容量のSI単位「ファラッド (F)」はファラデーに因んでいる。また、1モルの電子の電荷に相当するファラデー定数にも名を残している。ファラデーの電磁誘導の法則は、磁束の変化の割合と誘導起電力は比例するという法則である。ファラデーは王立研究所の初代フラー教授職 (Fullerian Professor of Chemistry) であり、死去するまでその職を務めた。アルベルト・アインシュタインは壁にファラデー、ニュートン、マクスウェルの絵を貼っていたという。ファラデーは信心深い人物で、1730年に創設されたキリスト教徒の一派であるサンデマン派(グラス派)に属していた。伝記作者は「神と自然の強い一体感がファラデーの生涯と仕事に影響している」と記している。
dbpedia-owl:affiliation
dbpedia-owl:award
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1867-08-25 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:depictionDescription
  • トーマス・フィリップスによる肖像画(1841-1842)
dbpedia-owl:field
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:knownFor
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:residence
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 4968 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 28618 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 231 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57211566 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:awards
  • ロイヤル・メダル コプリ・メダル ランフォード・メダル
prop-ja:birthPlace
  • サリー州 ニューイントン・バッツ
prop-ja:caption
prop-ja:deathDate
  • 1867-08-25 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • グレートブリテン及びアイルランド連合王国 サリー州 ハンプトン・コート
prop-ja:fields
prop-ja:id
  • Michael_Faraday
prop-ja:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:influences
  • ハンフリー・デービーWilliam Thomas Brande
prop-ja:knownFor
  • ファラデーの電磁誘導の法則電気化学ファラデー効果ファラデーケージファラデー定数ファラデーカップファラデーの電気分解の法則電気力線
prop-ja:name
  • Michael Faraday
  • マイケル・ファラデー
prop-ja:signature
  • Michael Faraday signature.svg
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workplaces
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • マイケル・ファラデー(Michael Faraday, 1791年9月22日 - 1867年8月25日)は、イギリスの化学者・物理学者(あるいは当時の呼称では自然哲学者)で、電磁気学および電気化学の分野での貢献で知られている。直流電流を流した電気伝導体の周囲の磁場を研究し、物理学における電磁場の基礎理論を確立。それを後にジェームズ・クラーク・マクスウェルが発展させた。同様に電磁誘導の法則、反磁性、電気分解の法則などを発見。磁性が光線に影響を与えること、2つの現象が根底で関連していることを明らかにした。電磁気を利用して回転する装置(電動機)を発明し、その後の電動機技術の基礎を築いた。それだけでなく電気を使ったテクノロジー全般が彼の業績から発展したものである。化学者としては、ベンゼンを発見し、塩素の包接水和物を研究し、原始的な形のブンゼンバーナーを発明し、酸化数の体系を提案した。アノード、カソード、電極 (electrode)、イオンといった用語はファラデーが一般化させた。ファラデーは高等教育を受けておらず、高度な数学もほとんど知らなかったが、史上最も影響を及ぼした科学者の1人とされている。科学史家は彼を科学史上最高の実験主義者と呼んでいる。静電容量のSI単位「ファラッド (F)」はファラデーに因んでいる。また、1モルの電子の電荷に相当するファラデー定数にも名を残している。ファラデーの電磁誘導の法則は、磁束の変化の割合と誘導起電力は比例するという法則である。ファラデーは王立研究所の初代フラー教授職 (Fullerian Professor of Chemistry) であり、死去するまでその職を務めた。アルベルト・アインシュタインは壁にファラデー、ニュートン、マクスウェルの絵を貼っていたという。ファラデーは信心深い人物で、1730年に創設されたキリスト教徒の一派であるサンデマン派(グラス派)に属していた。伝記作者は「神と自然の強い一体感がファラデーの生涯と仕事に影響している」と記している。
rdfs:label
  • マイケル・ファラデー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • マイケル・ファラデー
is dbpedia-owl:author of
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:author of
is prop-ja:firstProduced of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:語源 of
is foaf:primaryTopic of