Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マイクロメカニクスは、ニュートン力学の範囲で材料の微視構造(多相系、複合材料、合金)を数学的に解析する力学の分野。1958年の John D. Eshelby による楕円球の介在物に関する応力解析の論文が原点と言われる。日本では元ノースウェスタン大学教授の村外志夫による研究が有名である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 376571 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 476 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46939680 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マイクロメカニクスは、ニュートン力学の範囲で材料の微視構造(多相系、複合材料、合金)を数学的に解析する力学の分野。1958年の John D. Eshelby による楕円球の介在物に関する応力解析の論文が原点と言われる。日本では元ノースウェスタン大学教授の村外志夫による研究が有名である。
rdfs:label
  • マイクロメカニクス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of