Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ポール・ヴィダル・ドゥ・ラ・ブラーシュ(Paul Vidal de la Blache、1845年1月22日 - 1918年4月5日)は、フランスの地理学者。フランスにおける近代地理学の父であり、フランス地理学派 (Ecole francaise de géographie) の創設者である。地理学的現象における歴史性を重視する立場を唱えて、人間と環境との関係を重視し、地誌研究を重視するフランス地理学の伝統の礎を築いた。環境可能論の立場を表明したことでも知られる。地理学に触れる上で欠かすことのできない人物である。なお、ヴィダル・ドゥ・ラ・ブラーシュで一つの姓である。同じフランスの地理学者エマニュエル・ドゥ・マルトンヌは、娘婿にあたる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 691815 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1995 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54353206 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ポール・ヴィダル・ドゥ・ラ・ブラーシュ(Paul Vidal de la Blache、1845年1月22日 - 1918年4月5日)は、フランスの地理学者。フランスにおける近代地理学の父であり、フランス地理学派 (Ecole francaise de géographie) の創設者である。地理学的現象における歴史性を重視する立場を唱えて、人間と環境との関係を重視し、地誌研究を重視するフランス地理学の伝統の礎を築いた。環境可能論の立場を表明したことでも知られる。地理学に触れる上で欠かすことのできない人物である。なお、ヴィダル・ドゥ・ラ・ブラーシュで一つの姓である。同じフランスの地理学者エマニュエル・ドゥ・マルトンヌは、娘婿にあたる。
rdfs:label
  • ポール・ヴィダル・ドゥ・ラ・ブラーシュ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of