Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ポール・ド・マン(Paul de Man、1919年12月6日 - 1983年12月21日)は、ベルギー・アントウェルペン出身のアメリカの文学理論家。ブリュッセルのエコール・ポリテクニークで工学を学び、ブリュッセル自由大学で化学と哲学を学ぶ。1946年、アメリカに移住。1960年、ハーバード大学でPh.D.取得。コーネル大学、ジョンズ・ホプキンス大学を経て、イェール大学で教授を務めた。デリダの影響を受け、脱構築批評を確立したイェール学派の代表的存在。誤読、精神分析、脱構築、修辞学を中心に文学作品を独自の手法で読み解いた。死後、ナチス・ドイツ統治期の反ユダヤ的文章が見つかり批判された。政治家でナチス・ドイツ統治下の対独協力者の一人であるアンリ・ド・マンは叔父。弟子に、ポストコロニアル批評家ガヤトリ・C・スピヴァク、作家水村美苗がいる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 55708 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1989 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55999967 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ポール・ド・マン(Paul de Man、1919年12月6日 - 1983年12月21日)は、ベルギー・アントウェルペン出身のアメリカの文学理論家。ブリュッセルのエコール・ポリテクニークで工学を学び、ブリュッセル自由大学で化学と哲学を学ぶ。1946年、アメリカに移住。1960年、ハーバード大学でPh.D.取得。コーネル大学、ジョンズ・ホプキンス大学を経て、イェール大学で教授を務めた。デリダの影響を受け、脱構築批評を確立したイェール学派の代表的存在。誤読、精神分析、脱構築、修辞学を中心に文学作品を独自の手法で読み解いた。死後、ナチス・ドイツ統治期の反ユダヤ的文章が見つかり批判された。政治家でナチス・ドイツ統治下の対独協力者の一人であるアンリ・ド・マンは叔父。弟子に、ポストコロニアル批評家ガヤトリ・C・スピヴァク、作家水村美苗がいる。
rdfs:label
  • ポール・ド・マン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is foaf:primaryTopic of