Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ポール・ケーシー(Paul Casey、1977年7月21日 - )は、イングランド・チェルトナム出身の男子プロゴルファー。イングランドのプロゴルフ界を代表する選手の1人として活動している。チーム戦でも豊富な経験を持ち、2004年のワールドカップでルーク・ドナルドとコンビを組んだ優勝もある。2009年4月にアメリカPGAツアーの「シェル・ヒューストン・オープン」で初優勝を挙げた。世界ランキング自己最高位は3位。ケーシーはアリゾナ州立大学の学生ゴルフ選手を経て、2000年にプロ入りした。2001年8月の「グレンイーグルズ・スコティッシュPGA選手権」でヨーロッパツアー初優勝。同年11月、ケーシーは日本の太平洋クラブ御殿場コースで開かれたEMCワールドカップにイングランド代表選手として参加し、イアン・ポールターとのコンビで単独5位に入った。ワールドカップでは2002年3位・2003年2位を経て、2004年にルーク・ドナルドとのコンビで優勝を決めた。開催コースはスペイン・セビリアにある「リアル・クラブ・ド・ゴルフ」(Real Club de Golf de Seville)(ホセ・マリア・オラサバルの設計コース)であった。ケーシーとドナルドは4日間通算 257 ストロークで回り、2位のスペイン・チーム(セルヒオ・ガルシアとミゲル・アンヘル・ヒメネス組)に1打差をつけて優勝した。[1]2006年、ケーシーはヨーロッパツアーで年間3勝を挙げ、賞金ランキングでパドレイグ・ハリントン(アイルランド)に続く2位に入った。彼はキャリアの早い時期から、ヨーロッパツアーとアメリカPGAツアーを掛け持ち参戦してきたが、2007年度のPGAツアー賞金ランキングで125位以内を確保し、2008年からアメリカツアーにフル参戦を開始した。2009年1月の「アブダビ・ゴルフ選手権」でヨーロッパツアー9勝目を獲得。2月末に行われた世界ゴルフ選手権シリーズ第1戦の「アクセンチュア・マッチプレー選手権」で決勝戦に勝ち進み、ジェフ・オギルビー(オーストラリア)に敗れて準優勝者になる。マスターズ前週の「シェル・ヒューストン・オープン」で、ケーシーは 11 アンダーパーで並んだJ・B・ホームズ(アメリカ)とのプレーオフを制し、アメリカツアー初優勝を達成した。これにより、彼の世界ランキングは6位に上がり、初めての世界トップ10入りを決めた。2009年5月の欧州ツアー・BMW PGA選手権優勝により、彼は世界ランキング3位に到達した。ケーシーのこれまでのメジャー大会成績は、2004年マスターズ6位・2008年全英オープン7位などがある。彼はアメリカ選抜チームとヨーロッパ選抜チームによる団体戦・ライダーカップにも、2004年・2006年・2008年の3回連続でヨーロッパ代表選手に選ばれた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1746364 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4287 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 90 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55926955 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:プロ転向
  • 2000 (xsd:integer)
prop-ja:ラテン文字
  • Paul Casey
prop-ja:世界ランキング最高位
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:体重
  • 80.0
prop-ja:優勝歴
  • 欧州13・米国1・アジア2
prop-ja:出身地
  • イングランド・チェルトナム
prop-ja:初優勝
  • 2001 (xsd:integer)
  • スコティッシュPGA選手権
prop-ja:利き手
prop-ja:名前
  • ポール・ケーシー
prop-ja:生年月日
  • 1977-07-21 (xsd:date)
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:賞金ランキング最高位
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:身長
  • 178.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ポール・ケーシー(Paul Casey、1977年7月21日 - )は、イングランド・チェルトナム出身の男子プロゴルファー。イングランドのプロゴルフ界を代表する選手の1人として活動している。チーム戦でも豊富な経験を持ち、2004年のワールドカップでルーク・ドナルドとコンビを組んだ優勝もある。2009年4月にアメリカPGAツアーの「シェル・ヒューストン・オープン」で初優勝を挙げた。世界ランキング自己最高位は3位。ケーシーはアリゾナ州立大学の学生ゴルフ選手を経て、2000年にプロ入りした。2001年8月の「グレンイーグルズ・スコティッシュPGA選手権」でヨーロッパツアー初優勝。同年11月、ケーシーは日本の太平洋クラブ御殿場コースで開かれたEMCワールドカップにイングランド代表選手として参加し、イアン・ポールターとのコンビで単独5位に入った。ワールドカップでは2002年3位・2003年2位を経て、2004年にルーク・ドナルドとのコンビで優勝を決めた。開催コースはスペイン・セビリアにある「リアル・クラブ・ド・ゴルフ」(Real Club de Golf de Seville)(ホセ・マリア・オラサバルの設計コース)であった。ケーシーとドナルドは4日間通算 257 ストロークで回り、2位のスペイン・チーム(セルヒオ・ガルシアとミゲル・アンヘル・ヒメネス組)に1打差をつけて優勝した。[1]2006年、ケーシーはヨーロッパツアーで年間3勝を挙げ、賞金ランキングでパドレイグ・ハリントン(アイルランド)に続く2位に入った。彼はキャリアの早い時期から、ヨーロッパツアーとアメリカPGAツアーを掛け持ち参戦してきたが、2007年度のPGAツアー賞金ランキングで125位以内を確保し、2008年からアメリカツアーにフル参戦を開始した。2009年1月の「アブダビ・ゴルフ選手権」でヨーロッパツアー9勝目を獲得。2月末に行われた世界ゴルフ選手権シリーズ第1戦の「アクセンチュア・マッチプレー選手権」で決勝戦に勝ち進み、ジェフ・オギルビー(オーストラリア)に敗れて準優勝者になる。マスターズ前週の「シェル・ヒューストン・オープン」で、ケーシーは 11 アンダーパーで並んだJ・B・ホームズ(アメリカ)とのプレーオフを制し、アメリカツアー初優勝を達成した。これにより、彼の世界ランキングは6位に上がり、初めての世界トップ10入りを決めた。2009年5月の欧州ツアー・BMW PGA選手権優勝により、彼は世界ランキング3位に到達した。ケーシーのこれまでのメジャー大会成績は、2004年マスターズ6位・2008年全英オープン7位などがある。彼はアメリカ選抜チームとヨーロッパ選抜チームによる団体戦・ライダーカップにも、2004年・2006年・2008年の3回連続でヨーロッパ代表選手に選ばれた。
rdfs:label
  • ポール・ケーシー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of