Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ポール・グライス(Herbert Paul Grice 1913年 - 1988年)はイギリス出身の哲学者・言語学者。オックスフォード大学を経て1967年からカリフォルニア大学バークレー校教授を務めた。言語哲学の分野で大きな影響を与え、特に言外の含み(implicature)と文字通りの意味(what is said)との関係を明らかにした「含みの理論」、及び「意味する」ということを話者の意図という概念によって分析した「意図ベースの意味論(intention-based semantics)」で知られる。言語に関わる業績は1989年の著書Studies in the Way of Wordsにまとめられている。他方で、理性という概念の分析、価値の形而上学的基礎付けといったテーマにも関心を持っており、それぞれAspects of Reason、the Conception of Valueにまとめられている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 246158 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5158 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52551111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ポール・グライス(Herbert Paul Grice 1913年 - 1988年)はイギリス出身の哲学者・言語学者。オックスフォード大学を経て1967年からカリフォルニア大学バークレー校教授を務めた。言語哲学の分野で大きな影響を与え、特に言外の含み(implicature)と文字通りの意味(what is said)との関係を明らかにした「含みの理論」、及び「意味する」ということを話者の意図という概念によって分析した「意図ベースの意味論(intention-based semantics)」で知られる。言語に関わる業績は1989年の著書Studies in the Way of Wordsにまとめられている。他方で、理性という概念の分析、価値の形而上学的基礎付けといったテーマにも関心を持っており、それぞれAspects of Reason、the Conception of Valueにまとめられている。
rdfs:label
  • ポール・グライス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of