Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ポーランド元帥(ポーランドげんすい、ポーランド語:Marszałek Polski)は、ポーランド軍の最高位階級。歴代6人の軍人にのみ与えられた。現在、この階級はNATO軍内の各国軍における元帥 (OF-10) に相当する。この階級は、戦時中の勝利に貢献した陸軍軍人にのみ与えられたため、今日まで生きているポーランド元帥はいない。現在の最高階級は四ツ星の大将位であり、これは2002年8月15日、チェスワフ・ピョンタス (Czesław Piątas) ポーランド陸軍参謀総長に授けられた。 以下全員がポーランド元帥を務めた 1920年 - ユゼフ・ピウスツキ (1867–1935年) 1922年 - フェルディナン・フォッシュ (1851–1929年) (フランス元帥及びイギリス陸軍元帥) 1936年 - エドヴァルト・ルィツ=シミグウィ (1881–1941年) (自己による昇進)元帥の階級を持つポーランド人民軍 (LWP) の軍人: 1945年 - ミハウ・ロラ=ジミェルスキ (1890–1989年) 1949年 - コンスタンティ・ロコソフスキ (1896–1968年)(ソ連邦元帥) 1963年 - マリアン・スピハルスキ (1906–1980年)ヴォイチェフ・ヤルゼルスキは、1980年代、同僚からの推奨にもかかわらず、ポーランド元帥への昇進を断った。(おそらくマリアン・スピハルスキの為。)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1878266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1053 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47404073 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ポーランド元帥(ポーランドげんすい、ポーランド語:Marszałek Polski)は、ポーランド軍の最高位階級。歴代6人の軍人にのみ与えられた。現在、この階級はNATO軍内の各国軍における元帥 (OF-10) に相当する。この階級は、戦時中の勝利に貢献した陸軍軍人にのみ与えられたため、今日まで生きているポーランド元帥はいない。現在の最高階級は四ツ星の大将位であり、これは2002年8月15日、チェスワフ・ピョンタス (Czesław Piątas) ポーランド陸軍参謀総長に授けられた。 以下全員がポーランド元帥を務めた 1920年 - ユゼフ・ピウスツキ (1867–1935年) 1922年 - フェルディナン・フォッシュ (1851–1929年) (フランス元帥及びイギリス陸軍元帥) 1936年 - エドヴァルト・ルィツ=シミグウィ (1881–1941年) (自己による昇進)元帥の階級を持つポーランド人民軍 (LWP) の軍人: 1945年 - ミハウ・ロラ=ジミェルスキ (1890–1989年) 1949年 - コンスタンティ・ロコソフスキ (1896–1968年)(ソ連邦元帥) 1963年 - マリアン・スピハルスキ (1906–1980年)ヴォイチェフ・ヤルゼルスキは、1980年代、同僚からの推奨にもかかわらず、ポーランド元帥への昇進を断った。(おそらくマリアン・スピハルスキの為。)
rdfs:label
  • ポーランド元帥
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:最終階級 of
is prop-ja:賞罰 of
is foaf:primaryTopic of