Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ポーランドの経済では、ポーランドの経済について記述する。機械、エレクトロニクス、航空機、鉄鋼、化学製品、自動車、食品、繊維などの工業が主。伝統的に競争力を持つ産業は航空機(部品、とくにエンジンの生産)、鉄鋼、化学製品、食品である。かつては造船、現在は外資が中心となり、自動車生産が盛ん。第二次世界大戦後、東側諸国となり共産主義化が進められ、工業は国有化された。スターリン主義政策を取り入れ、経済(重工業と農業を主にした)のソビエト型化、企業の国営化、125エーカー(50ヘクタール)超える私有農地は国に収用され、一般市民のソビエト人化が執行された。1949年、ソ連主導による共産主義諸国のコメコンに加盟。1970年代以降、ギエレク政権は西欧諸外国からの借入で経済成長を目指した。1970年代前半には高度成長を実現したが、政権の無計画な経済政策とオイルショックにより成長は減速、主に西欧諸外国などから多額の借入を繰り返し経済は悪化、食料・物資不足を招き、闇市が盛んになり欠乏経済を発達させた。この為、労働者の賃上げストライキや急激なインフレにより社会主義経済が限界に達し、東欧に自由化(東欧革命)の波が押し寄せ1989年に共産主義の破壊、市場経済化を進めている。1996年には経済協力開発機構 (OECD) への加盟を実現した。2007年、ポーランドは35歳以下の人口が全体の50%を占め、25歳以下は全体の35%を占める、若者の非常に多い国であり、このことが経済に好影響を与えている。また、大学在学率は高い。こういったことにより、政治の混乱がみられた2005年9月から2007年10月にかけても経済のダイナミズムが失われることがなく、力強い経済成長を遂げている。2015年、ポーランド経済は2004年のEUメンバーシップ獲得後、EU内の先進地域と貧しい地域の格差を縮める目的であるEU構造ファンド(EU Structural Funds)の融資獲得により経済成長を遂げている。失業率はEU平均を超えながら、経済の豊かさを比較する指標とされる一人当たりの国内総生産額のGDPは、著しくEU平均以下のままとなっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1596891 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15240 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 214 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56441544 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ポーランドの経済では、ポーランドの経済について記述する。機械、エレクトロニクス、航空機、鉄鋼、化学製品、自動車、食品、繊維などの工業が主。伝統的に競争力を持つ産業は航空機(部品、とくにエンジンの生産)、鉄鋼、化学製品、食品である。かつては造船、現在は外資が中心となり、自動車生産が盛ん。第二次世界大戦後、東側諸国となり共産主義化が進められ、工業は国有化された。スターリン主義政策を取り入れ、経済(重工業と農業を主にした)のソビエト型化、企業の国営化、125エーカー(50ヘクタール)超える私有農地は国に収用され、一般市民のソビエト人化が執行された。1949年、ソ連主導による共産主義諸国のコメコンに加盟。1970年代以降、ギエレク政権は西欧諸外国からの借入で経済成長を目指した。1970年代前半には高度成長を実現したが、政権の無計画な経済政策とオイルショックにより成長は減速、主に西欧諸外国などから多額の借入を繰り返し経済は悪化、食料・物資不足を招き、闇市が盛んになり欠乏経済を発達させた。この為、労働者の賃上げストライキや急激なインフレにより社会主義経済が限界に達し、東欧に自由化(東欧革命)の波が押し寄せ1989年に共産主義の破壊、市場経済化を進めている。1996年には経済協力開発機構 (OECD) への加盟を実現した。2007年、ポーランドは35歳以下の人口が全体の50%を占め、25歳以下は全体の35%を占める、若者の非常に多い国であり、このことが経済に好影響を与えている。また、大学在学率は高い。こういったことにより、政治の混乱がみられた2005年9月から2007年10月にかけても経済のダイナミズムが失われることがなく、力強い経済成長を遂げている。2015年、ポーランド経済は2004年のEUメンバーシップ獲得後、EU内の先進地域と貧しい地域の格差を縮める目的であるEU構造ファンド(EU Structural Funds)の融資獲得により経済成長を遂げている。失業率はEU平均を超えながら、経済の豊かさを比較する指標とされる一人当たりの国内総生産額のGDPは、著しくEU平均以下のままとなっている。
rdfs:label
  • ポーランドの経済
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of