Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ポートランド伯爵(ポートランドはくしゃく、Earl of Portland)は、イングランドの伯爵位として2度創設された称号である。最初は、1633年に、政治家初代ウェストン男爵リチャード・ウェストンに授けられた。彼は1621年から1628年に財務大臣を務め、1628年から1635年まで大蔵卿(Lord High Treasurer)を務めた。この家系は、4代目のトーマス・ウェストンで断絶した。2度目は、1689年に、ウィリアム3世の寵臣ウィリアム・ベンティンクにイングランド貴族の爵位として授けられた。彼は同時にシレンスター男爵(Baron Cirencester)とウッドストック子爵(Viscount Woodstock)も授けられた。1715年、第2代伯爵ヘンリー・ベンティンクは、グレートブリテンの爵位としてティッチフィールド侯爵(Marquess of Titchfield)とポートランド公爵(Duke of Portland)を授かった。彼の孫で第3代公爵となったのが、後にイギリス首相となったウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンクである。1801年、彼は家名にキャヴェンディッシュ姓を加えることを認められ、キャヴェンディッシュ=ベンティンク姓(Cavendish-Bentinck)を名乗った(最初の夫人ドロシーは、第4代デヴォンシャー公ウィリアム・キャヴェンディッシュの娘であった。また彼の母方の祖父は第2代ニューカッスル=アポン=タイン公ヘンリー・キャヴェンディッシュであった)。第3代公の息子第4代ウィリアムは王璽尚書も務めた政治家で、夫人ヘンリエッタの旧姓であるスコット姓を加えることを認められた。第5代公は独身のまま死去したため、従弟にあたるウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンクが6代公爵となった(彼は4代公爵の夫人ヘンリエッタの血を引いていないため、この時からスコット姓が外れている)。7代公爵には娘しかなく、彼が死去すると、3代公の四男フレデリックの曾孫であるファーディナンドが8代公爵を継いだ。彼には子供がなく、9代公となったのは駐ポーランド大使を務めた外交官で実弟のヴィクターであった。ヴィクターの一人息子ウィリアム(1925年-1966年)が子供のないまま父親に先立っていたため、1990年にヴィクターが93歳で死ぬと、ポートランド公位とティッチフィールド侯位は断絶した。残った称号であるポートランド伯位とウッドストック子爵位を継承したのは、遠縁にあたる第11代ポートランド伯ヘンリー・ノエル・ベンティンクである。彼はBBCのプロデューサーを務めた人物で、初代ポートランド伯ウィリアム・ベンティンクと二度目の夫人の子であるウィリアム(1704年-1774年)の子孫である。現在の12代ポートランド伯ティモシー・ベンティンクは、俳優と発明家として知られている。ポートランド公家からは多くの著名人物が輩出されている。インド総督を務めたウィリアム卿、穀物法成立の際の政治家ジョージ・キャヴェンディッシュ=スコット=ベンティンク卿などが知られる。ポートランド公爵家の本宅は、ノッティンガムシャーのウェルベック・アベイだった。ウェルベック・アベイとそれに付属する所領は、7代公の子孫を通じてキャヴェンディッシュ=ベンティンク家の所有となっている。広大なアベイは、最近修繕されて私的な住居となっている。ポートランド公爵は、ノーサンバーランドのペグズウッド村を所有していた。さらに、オーストラリアの町ポートランド、ロンドンのポートランド・ハウスを所有していた。イギリス軍の教育機関ウェルベック・カレッジ(en:Welbeck College)は、ポートランド公にちなんだ名前である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1406589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4332 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 84 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47035116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ポートランド伯爵(ポートランドはくしゃく、Earl of Portland)は、イングランドの伯爵位として2度創設された称号である。最初は、1633年に、政治家初代ウェストン男爵リチャード・ウェストンに授けられた。彼は1621年から1628年に財務大臣を務め、1628年から1635年まで大蔵卿(Lord High Treasurer)を務めた。この家系は、4代目のトーマス・ウェストンで断絶した。2度目は、1689年に、ウィリアム3世の寵臣ウィリアム・ベンティンクにイングランド貴族の爵位として授けられた。彼は同時にシレンスター男爵(Baron Cirencester)とウッドストック子爵(Viscount Woodstock)も授けられた。1715年、第2代伯爵ヘンリー・ベンティンクは、グレートブリテンの爵位としてティッチフィールド侯爵(Marquess of Titchfield)とポートランド公爵(Duke of Portland)を授かった。彼の孫で第3代公爵となったのが、後にイギリス首相となったウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンクである。1801年、彼は家名にキャヴェンディッシュ姓を加えることを認められ、キャヴェンディッシュ=ベンティンク姓(Cavendish-Bentinck)を名乗った(最初の夫人ドロシーは、第4代デヴォンシャー公ウィリアム・キャヴェンディッシュの娘であった。また彼の母方の祖父は第2代ニューカッスル=アポン=タイン公ヘンリー・キャヴェンディッシュであった)。第3代公の息子第4代ウィリアムは王璽尚書も務めた政治家で、夫人ヘンリエッタの旧姓であるスコット姓を加えることを認められた。第5代公は独身のまま死去したため、従弟にあたるウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンクが6代公爵となった(彼は4代公爵の夫人ヘンリエッタの血を引いていないため、この時からスコット姓が外れている)。7代公爵には娘しかなく、彼が死去すると、3代公の四男フレデリックの曾孫であるファーディナンドが8代公爵を継いだ。彼には子供がなく、9代公となったのは駐ポーランド大使を務めた外交官で実弟のヴィクターであった。ヴィクターの一人息子ウィリアム(1925年-1966年)が子供のないまま父親に先立っていたため、1990年にヴィクターが93歳で死ぬと、ポートランド公位とティッチフィールド侯位は断絶した。残った称号であるポートランド伯位とウッドストック子爵位を継承したのは、遠縁にあたる第11代ポートランド伯ヘンリー・ノエル・ベンティンクである。彼はBBCのプロデューサーを務めた人物で、初代ポートランド伯ウィリアム・ベンティンクと二度目の夫人の子であるウィリアム(1704年-1774年)の子孫である。現在の12代ポートランド伯ティモシー・ベンティンクは、俳優と発明家として知られている。ポートランド公家からは多くの著名人物が輩出されている。インド総督を務めたウィリアム卿、穀物法成立の際の政治家ジョージ・キャヴェンディッシュ=スコット=ベンティンク卿などが知られる。ポートランド公爵家の本宅は、ノッティンガムシャーのウェルベック・アベイだった。ウェルベック・アベイとそれに付属する所領は、7代公の子孫を通じてキャヴェンディッシュ=ベンティンク家の所有となっている。広大なアベイは、最近修繕されて私的な住居となっている。ポートランド公爵は、ノーサンバーランドのペグズウッド村を所有していた。さらに、オーストラリアの町ポートランド、ロンドンのポートランド・ハウスを所有していた。イギリス軍の教育機関ウェルベック・カレッジ(en:Welbeck College)は、ポートランド公にちなんだ名前である。
rdfs:label
  • ポートランド伯爵
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:title of
is foaf:primaryTopic of