Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ポンド(オランダ語: pond)、パウンド(英語: pound)は、いくつかの国で使用される通貨の単位である。代表的なものはイギリスのUKポンド。漢字では磅があてられている。ポンドという名称は質量の単位にもあるが、通貨のポンドは、かつて1トロイポンドの高純度の銀を通貨の単位として使用していたことに由来する。質量のポンドと同じく、ラテン語で重さを表す pondus が語源。ポンドはかつては "libra" という名称(ラテン語で天秤の意味でもある)であったことから、UKポンドをはじめ多くのポンドの通貨記号は "L" の筆記体からきた "£" である。記号を互いに区別するため、£ のあと(まれに前)に国名の略記をつける。たとえば、キプロス・ポンドは £C となる(ただし、イギリスの場合は sterling の略の stg をつける)。£ はイタリア・リラにも使用されていた(イタリアでは現在はユーロが使われている)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 320133 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1983 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 87 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59139241 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ポンド(オランダ語: pond)、パウンド(英語: pound)は、いくつかの国で使用される通貨の単位である。代表的なものはイギリスのUKポンド。漢字では磅があてられている。ポンドという名称は質量の単位にもあるが、通貨のポンドは、かつて1トロイポンドの高純度の銀を通貨の単位として使用していたことに由来する。質量のポンドと同じく、ラテン語で重さを表す pondus が語源。ポンドはかつては "libra" という名称(ラテン語で天秤の意味でもある)であったことから、UKポンドをはじめ多くのポンドの通貨記号は "L" の筆記体からきた "£" である。記号を互いに区別するため、£ のあと(まれに前)に国名の略記をつける。たとえば、キプロス・ポンドは £C となる(ただし、イギリスの場合は sterling の略の stg をつける)。£ はイタリア・リラにも使用されていた(イタリアでは現在はユーロが使われている)。
rdfs:label
  • ポンド (通貨)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of