Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ポリュイードス(古希: Πολύιδος, Polyīdos)、あるいはポリュエイドス(古希: Πολύειδος, Polyeidos)は、ギリシア神話の占い師、予言者である。長母音を省略してポリュイドスとも表記される。コリントス、アルゴス、あるいはビュザンティオンの出身とされる。暁の女神エーオースに愛されたクレイトスの子コイラノスの子で、予言者メラムプースの子孫にあたる。ピューレウスの娘エウリュダメイアとの間に、エウケーノール、クレイトスをもうけた。ポリュイードスに関する神話では、クレータ王ミーノースの子グラウコスを蘇生させたこと、ベレロポーンに天馬ペガソスを捕らえる助言をしたこと、ミューシア王テウトラースの狂気を癒したこと、また我が子エウケーノールの死を予言したことなどが知られるが、特にグラウコスの蘇生が有名で、これとほぼ同じ話が『グリム童話』にも収録されている
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1343654 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47829852 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ポリュイードス(古希: Πολύιδος, Polyīdos)、あるいはポリュエイドス(古希: Πολύειδος, Polyeidos)は、ギリシア神話の占い師、予言者である。長母音を省略してポリュイドスとも表記される。コリントス、アルゴス、あるいはビュザンティオンの出身とされる。暁の女神エーオースに愛されたクレイトスの子コイラノスの子で、予言者メラムプースの子孫にあたる。ピューレウスの娘エウリュダメイアとの間に、エウケーノール、クレイトスをもうけた。ポリュイードスに関する神話では、クレータ王ミーノースの子グラウコスを蘇生させたこと、ベレロポーンに天馬ペガソスを捕らえる助言をしたこと、ミューシア王テウトラースの狂気を癒したこと、また我が子エウケーノールの死を予言したことなどが知られるが、特にグラウコスの蘇生が有名で、これとほぼ同じ話が『グリム童話』にも収録されている
rdfs:label
  • ポリュイードス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of