Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ポリフッ化ビニリデン(ポリフッかビニリデン、PolyVinylidene DiFluoride、PVDF)は高耐性、高純度な熱可塑性フッ素重合体のひとつである。PVDFは高価であり、一般的に高純度、高強度や耐薬品性、耐熱性が要求される用途に用いられる。製品としてはパイプやシート、プレートなどとして製造されているほか、釣り糸の原料としてフロロカーボンと呼ばれる糸に用いられ販売され、その糸はウクレレ等の弦楽器の弦にも用いられる。特に半導体製造工場における熱超純水の送水ラインに専ら使用される。医薬製造工場における注射用水ラインには、有機物を嫌うため、ステンレス鋼管(SUS316等)が専ら用いられる。また、PVDFは強誘電性のポリマーであり、圧電性や焦電性を示すことから、センサなどへの応用もなされている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 325960 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 851 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55961977 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ポリフッ化ビニリデン(ポリフッかビニリデン、PolyVinylidene DiFluoride、PVDF)は高耐性、高純度な熱可塑性フッ素重合体のひとつである。PVDFは高価であり、一般的に高純度、高強度や耐薬品性、耐熱性が要求される用途に用いられる。製品としてはパイプやシート、プレートなどとして製造されているほか、釣り糸の原料としてフロロカーボンと呼ばれる糸に用いられ販売され、その糸はウクレレ等の弦楽器の弦にも用いられる。特に半導体製造工場における熱超純水の送水ラインに専ら使用される。医薬製造工場における注射用水ラインには、有機物を嫌うため、ステンレス鋼管(SUS316等)が専ら用いられる。また、PVDFは強誘電性のポリマーであり、圧電性や焦電性を示すことから、センサなどへの応用もなされている。
rdfs:label
  • ポリフッ化ビニリデン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of