Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ポリニヤ(ロシア語: Полынья、エストニア語: Lahvandus、米国: Polynya/英国: Polynia)とは、氷で囲まれた海水域である。言い換えれば、海氷の穴とも呼べる。海峡などの地形や季節風などの影響で、北極海であっても冬でも凍らない場所ができる。地形の影響で形成されるポリニヤは、毎年、同時期に同じ場所に発生する。冬では、南に移住しないセイウチのような海獣類、イッカクおよびシロイルカなどが、そこで生息する。また、シロイルカの群れなどが氷に閉じ込められた場合でも、イルカが定期的に呼吸するためにつくる流れの影響で、形成される場合がある。また、それらの動物を餌として狙うホッキョクグマなどもポリニヤに集まる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 668428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 707 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53145570 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ポリニヤ(ロシア語: Полынья、エストニア語: Lahvandus、米国: Polynya/英国: Polynia)とは、氷で囲まれた海水域である。言い換えれば、海氷の穴とも呼べる。海峡などの地形や季節風などの影響で、北極海であっても冬でも凍らない場所ができる。地形の影響で形成されるポリニヤは、毎年、同時期に同じ場所に発生する。冬では、南に移住しないセイウチのような海獣類、イッカクおよびシロイルカなどが、そこで生息する。また、シロイルカの群れなどが氷に閉じ込められた場合でも、イルカが定期的に呼吸するためにつくる流れの影響で、形成される場合がある。また、それらの動物を餌として狙うホッキョクグマなどもポリニヤに集まる。
rdfs:label
  • ポリニヤ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of