Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ポリオレフィン (polyolefin) は単純なオレフィン類やアルケンをモノマー(単位分子)として合成されるポリマー(高分子)の総称である。例えば、ポリエチレンはエチレンを重合させて得られるポリオレフィンである。ポリプロピレンもよく知られるポリオレフィンであり、プロピレンから作り出される。安価でかつ機械特性に優れるために構造材料として幅広い分野で使用されている。より新しくはポリアルケン (polyalkene) とも呼ばれるが、石油化学などの工業分野ではポリオレフィンの語が使われることが多い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 910597 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1246 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52394326 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ポリオレフィン (polyolefin) は単純なオレフィン類やアルケンをモノマー(単位分子)として合成されるポリマー(高分子)の総称である。例えば、ポリエチレンはエチレンを重合させて得られるポリオレフィンである。ポリプロピレンもよく知られるポリオレフィンであり、プロピレンから作り出される。安価でかつ機械特性に優れるために構造材料として幅広い分野で使用されている。より新しくはポリアルケン (polyalkene) とも呼ばれるが、石油化学などの工業分野ではポリオレフィンの語が使われることが多い。
rdfs:label
  • ポリオレフィン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of