Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ポラード文字、別名ポラード・ミャオは、メソジストの宣教師サム・ポラードが発明した文字体系。アブギダである。ポラードはこの文字を、ミャオ語のいくつかある方言の1つであるA-Hmaoで使うために発明した。この文字体系は、それを使って1936年に新約聖書の翻訳が出版されるまで、一連の改訂を経験してきた。中国における政治体制の変化により、いくつかの文字体系と競合することになった。競争相手のほとんどはラテン文字化であった。ポラード文字は中国に住むミャオ族の間でまだ使われているが、中国国外のミャオ族は代替文字体系の1つを使う傾向にある。文字体系の見直しは1988年に完了したが、まだ使われ続けている。1997年、ポラード文字はアップルコンピュータのジョン・ジェンキンズによってUnicodeへの収録が提案された[1]。ほとんどの他のアブギダと同様、ポラード文字は子音を表現する一方、母音はダイアクリティカルマークによって示される。しかしながら、独自の点としてダイアクリティカルマークの位置が声調を表現するために変化する。たとえば、西部ミャオ語では母音のダイアクリティカルマークを子音文字の上に置くと音節が高声調であることを示し、右下に置くと低声調であることを示す。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1097105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57522869 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:creator
prop-ja:iso
  • Plrd
prop-ja:languages
prop-ja:name
  • ポラード [ミャオ]
prop-ja:time
  • 1936 (xsd:integer)
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ポラード文字、別名ポラード・ミャオは、メソジストの宣教師サム・ポラードが発明した文字体系。アブギダである。ポラードはこの文字を、ミャオ語のいくつかある方言の1つであるA-Hmaoで使うために発明した。この文字体系は、それを使って1936年に新約聖書の翻訳が出版されるまで、一連の改訂を経験してきた。中国における政治体制の変化により、いくつかの文字体系と競合することになった。競争相手のほとんどはラテン文字化であった。ポラード文字は中国に住むミャオ族の間でまだ使われているが、中国国外のミャオ族は代替文字体系の1つを使う傾向にある。文字体系の見直しは1988年に完了したが、まだ使われ続けている。1997年、ポラード文字はアップルコンピュータのジョン・ジェンキンズによってUnicodeへの収録が提案された[1]。ほとんどの他のアブギダと同様、ポラード文字は子音を表現する一方、母音はダイアクリティカルマークによって示される。しかしながら、独自の点としてダイアクリティカルマークの位置が声調を表現するために変化する。たとえば、西部ミャオ語では母音のダイアクリティカルマークを子音文字の上に置くと音節が高声調であることを示し、右下に置くと低声調であることを示す。
rdfs:label
  • ポラード文字
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of