Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ポトック(フランス語:pottok, スペイン語:pottoka)は、フランスからスペインにまたがるバスク地方に産するポニーの品種。ピレネー山脈一帯で生育し、ピレネー馬とも呼ばれる。ポトックの名はバスク語で「小さい馬」を意味する語に由来している。ポトックの起源は、先史時代のマドレーヌ文化期(紀元前14000年-紀元前7000年)のウマにまでさかのぼると考えられている。この時期の洞窟絵画にもポトックに似たウマの絵が描かれている。黒毛もしくは鹿毛で、肩までの高さが1.15m - 1.47m程度である。頭は大きく、小さな耳、短い首、長い背中に粗いたてがみをもつ。大半は半野生馬であるが、農耕馬や鉱山の荷馬、サーカスの曲馬などにも使われた。混血が増えているため、ビダレーでは純血種を守るための試みが行なわれている。エスプレットではポトックの馬市がたつ。バイヨンヌのラグビーチーム、アビロン・バイヨンヌはポトックをチームマスコットにしている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1094678 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 922 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53234213 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ポトック(フランス語:pottok, スペイン語:pottoka)は、フランスからスペインにまたがるバスク地方に産するポニーの品種。ピレネー山脈一帯で生育し、ピレネー馬とも呼ばれる。ポトックの名はバスク語で「小さい馬」を意味する語に由来している。ポトックの起源は、先史時代のマドレーヌ文化期(紀元前14000年-紀元前7000年)のウマにまでさかのぼると考えられている。この時期の洞窟絵画にもポトックに似たウマの絵が描かれている。黒毛もしくは鹿毛で、肩までの高さが1.15m - 1.47m程度である。頭は大きく、小さな耳、短い首、長い背中に粗いたてがみをもつ。大半は半野生馬であるが、農耕馬や鉱山の荷馬、サーカスの曲馬などにも使われた。混血が増えているため、ビダレーでは純血種を守るための試みが行なわれている。エスプレットではポトックの馬市がたつ。バイヨンヌのラグビーチーム、アビロン・バイヨンヌはポトックをチームマスコットにしている。
rdfs:label
  • ポトック
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of