Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ポスト・ケインズ経済学(Post-Keynesian economics、ポストケインズ経済学)とは、ジョン・メイナード・ケインズが著した『雇用・利子および貨幣の一般理論』をもとにして、ミハウ・カレツキ、ジョーン・ロビンソン、ニコラス・カルドア、ポール・デヴィッドソン、ピエロ・スラッファなどの影響を受けて発展してきた経済思想である。ケインズの伝記を執筆したロバート・スキデルスキーは、ポストケインズ派を、ケインズ自身の業績の精神を最もそのまま受け継いでいるとしている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3240100 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5045 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59247114 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ポスト・ケインズ経済学(Post-Keynesian economics、ポストケインズ経済学)とは、ジョン・メイナード・ケインズが著した『雇用・利子および貨幣の一般理論』をもとにして、ミハウ・カレツキ、ジョーン・ロビンソン、ニコラス・カルドア、ポール・デヴィッドソン、ピエロ・スラッファなどの影響を受けて発展してきた経済思想である。ケインズの伝記を執筆したロバート・スキデルスキーは、ポストケインズ派を、ケインズ自身の業績の精神を最もそのまま受け継いでいるとしている。
rdfs:label
  • ポスト・ケインズ派経済学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:schoolTradition of
is foaf:primaryTopic of