Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マルクス・カッシアニウス・ラティニウス・ポストゥムス(ラテン語: Marcus Cassianius Latinius Postumus、 ? - 268年)は、ローマ帝国の軍人皇帝時代の僭称皇帝(在位:260年 - 268年)のひとりである。彼の政権は「ガリア帝国」と呼ばれている。なお、「ポストゥムス」は「最後の息子」や「父の死後に生まれた息子」の意味をもつラテン語の添え名(コグノーメン)である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 777383 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2459 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50195233 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マルクス・カッシアニウス・ラティニウス・ポストゥムス(ラテン語: Marcus Cassianius Latinius Postumus、 ? - 268年)は、ローマ帝国の軍人皇帝時代の僭称皇帝(在位:260年 - 268年)のひとりである。彼の政権は「ガリア帝国」と呼ばれている。なお、「ポストゥムス」は「最後の息子」や「父の死後に生まれた息子」の意味をもつラテン語の添え名(コグノーメン)である。
rdfs:label
  • ポストゥムス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:元首等氏名 of
is foaf:primaryTopic of