Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ボーン・ディス・ウェイ』 (Born This Way)は、アメリカ合衆国のミュージシャン、レディー・ガガの2枚目のスタジオ・アルバム。このアルバムは2011年5月23日にインタースコープ・レコードより公式にリリースされた。アルバムは「自分のアートの表現」という部分からインスピレーションを得ており、収録された楽曲には同性愛や宗教といったテーマが包括されている。音楽性的に、このアルバムは1980年代から1990年代以前のコンテンポラリー・ポップスからの高影響を受けているほか、その他ヘビー・メタルやオペラ、ジャズといった要素を含む、異なる音楽ジャンルからの融合もみられている。『ボーン・ディス・ウェイ』は、ガガやフェルナンド・ガリバイ、レッドワン、ヤップ・ラウセン、DJホワイト・シャドウなどによって製作、プロデュースされた。ガガが初めてこのアルバムについて言及したのは2010年初頭で、同年9月に開催された2010年のMTV・ビデオ・ミュージック・アワードで最優秀年間ビデオ賞を受賞した直後のスピーチではアルバム・タイトルを明かした。レコーディング・セッションでは、様々な録音スタジオで楽曲を録音した。 このアルバムは音楽評論家から肯定的評価を与えられ、評論家はアルバムでのガガのボーカルと刻々と変化する音楽スタイルについて褒め称えている。『ボーン・ディス・ウェイ』は商業的にも成功を収め、アイルランド、アメリカ合衆国、イギリス、オーストラリア、オランダ、日本などで1位を記録し、いくつかの国ではトップ5ヒットを記録した。アルバムは世界で200万枚以上の売上を記録している。アルバムからの最初の2枚のシングル「ボーン・ディス・ウェイ」と「ジューダス」は世界中でヒットし、前者はアメリカ合衆国のBillboard Hot 100を含む世界18カ国以上のチャートで1位を獲得した。また、「ボーン・ディス・ウェイ」はiTunesの歴史を塗り替え、リリースからわずか最初の5日間にて世界で100万ダウンロードを達成するという偉業も成し遂げている。「ジューダス」は複数の国でトップ・テン入りを果たしている。アルバムからのサード・シングル「ジ・エッジ・オブ・グローリー」とプロモーション・シングル「ヘアー」もいくつかの国でチャート入りしている。ユー・アンド・アイでは "Lady Gaga" の名の源となったクイーンのメンバーの一人(ロジャー・テイラー作曲のRadio Ga Gaが元)、ブライアン・メイとのコラボレーションが実り、バックコーラスとリードギターが聞ける。加えてクイーンのWe Will Rock Youのリフのサンプリングを用いている。
dbpedia-owl:album
dbpedia-owl:artist
dbpedia-owl:certification
  • * トリプル・プラチナ((RIAJ))
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:position
dbpedia-owl:previousWork
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:recordLabel
dbpedia-owl:releaseDate
  • 2011-05-23 (xsd:date)
dbpedia-owl:title
  • ボーン・ディス・ウェイ
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2365543 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18950 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 67 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55663159 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:certification
  • * トリプル・プラチナ((RIAJ))
prop-ja:chartPosition
  • *週間1位((日本・オリコン)) *2011年5月度月間1位((日本・オリコン)) *2011年度上半期11位((日本・オリコン)) *2011年6月度月間5位((日本・オリコン)) *2011年7月度月間4位((日本・オリコン)) *2011年9月度月間9位((日本・オリコン)) *2011年度年間4位((日本・オリコン)) *2012年1月度月間19位((日本・オリコン)) *2012年2月度月間49位((日本・オリコン)) *2012年5月度月間46位((日本・オリコン)) *2012年度上半期34位((日本・オリコン)) *2012年度年間69位((日本・オリコン)) *登場回数72回((日本・オリコン)) *1位((アメリカ)) *1位((イギリス))
prop-ja:collapsed
  • yes
prop-ja:extra
  • レディー・ガガ
  • Gold
  • レッドワン
  • DJ Snake*
  • DJホワイト・シャドウ
  • Guéna LG
  • Sparks*
  • クリントン・スパークス*
  • ゼッド
  • フェルナンド・ギャリベイ
  • フェルナンド・ギャリベイ*
  • ヤッパ・ローアセン
  • ヨスト & ナーフ
  • ロバート・ジョン・マット・ラング
prop-ja:extraColumn
  • プロデュース
  • リミキサー
prop-ja:genre
prop-ja:headline
  • Disc 1
  • Disc 2
  • ボーナス・トラック
  • iTunes U.S. ボーナス・トラック
prop-ja:label
  • インタースコープ
  • コン・ライヴ
  • ストリームライン
prop-ja:lastAlbum
  • (2009年)
  • 『ザ・モンスター』
prop-ja:length
  • 264.0
  • 230.0
  • 224.0
  • 216.0
  • 247.0
  • 250.0
  • 254.0
  • 261.0
  • 307.0
  • 245.0
  • 260.0
  • 231.0
  • 225.0
  • 332.0
  • 246.0
  • 219.0
  • 253.0
  • 256.0
  • 308.0
  • 317.0
  • 320.0
  • 358.0
  • 575.0
prop-ja:name
  • ボーン・ディス・ウェイ
prop-ja:nextAlbum
  • (2013年)
  • 『アートポップ』
prop-ja:note
  • DJホワイト・シャドウ・ミュグレー
  • DJホワイト・シャドウ・リミックス
  • LLG vs. GLG ラジオ・リミックス)
  • Thomas Gold Remix)
  • フェルナンド・ギャリベイ・リミックス
  • カントリー・ロード・ヴァージョン
  • ゼッド・リミックス
  • ヨスト & ナーフ・リミックス)
prop-ja:producer
  • レディー・ガガ
  • レッドワン
  • DJ Snake
  • DJホワイト・シャドウ
  • クリントン・スパークス
  • フェルナンド・ギャリベイ
  • ヤッパ・ローアセン
  • ロバート・ジョン・マット・ラング
prop-ja:recorded
  • 2010 (xsd:integer)
  • Abbey Road Studios
  • Allertown Hill
  • Gang Studios
  • Germano Studios Studio at the Palms
  • Living Room Studios
  • Mechaniche Studio
  • Miami Beach
  • Paradise Studios
  • Sing Sing Studios
  • Studios 301
  • Tour Bus in Europe
  • Warehouse Productions
prop-ja:released
  • 2011-05-23 (xsd:date)
prop-ja:thisAlbum
  • (2011年)
  • 『ボーン・ディス・ウェイ』
prop-ja:title
prop-ja:type
  • studio
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:writer
  • レディー・ガガ
  • レッドワン
  • Alara
  • Cheche Alara
  • DJホワイト・シャドウ
  • フェルナンド・ギャリベイ
  • ヤッパ・ローアセン
prop-ja:writingCredits
  • yes
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『ボーン・ディス・ウェイ』 (Born This Way)は、アメリカ合衆国のミュージシャン、レディー・ガガの2枚目のスタジオ・アルバム。このアルバムは2011年5月23日にインタースコープ・レコードより公式にリリースされた。アルバムは「自分のアートの表現」という部分からインスピレーションを得ており、収録された楽曲には同性愛や宗教といったテーマが包括されている。音楽性的に、このアルバムは1980年代から1990年代以前のコンテンポラリー・ポップスからの高影響を受けているほか、その他ヘビー・メタルやオペラ、ジャズといった要素を含む、異なる音楽ジャンルからの融合もみられている。『ボーン・ディス・ウェイ』は、ガガやフェルナンド・ガリバイ、レッドワン、ヤップ・ラウセン、DJホワイト・シャドウなどによって製作、プロデュースされた。ガガが初めてこのアルバムについて言及したのは2010年初頭で、同年9月に開催された2010年のMTV・ビデオ・ミュージック・アワードで最優秀年間ビデオ賞を受賞した直後のスピーチではアルバム・タイトルを明かした。レコーディング・セッションでは、様々な録音スタジオで楽曲を録音した。 このアルバムは音楽評論家から肯定的評価を与えられ、評論家はアルバムでのガガのボーカルと刻々と変化する音楽スタイルについて褒め称えている。『ボーン・ディス・ウェイ』は商業的にも成功を収め、アイルランド、アメリカ合衆国、イギリス、オーストラリア、オランダ、日本などで1位を記録し、いくつかの国ではトップ5ヒットを記録した。アルバムは世界で200万枚以上の売上を記録している。アルバムからの最初の2枚のシングル「ボーン・ディス・ウェイ」と「ジューダス」は世界中でヒットし、前者はアメリカ合衆国のBillboard Hot 100を含む世界18カ国以上のチャートで1位を獲得した。また、「ボーン・ディス・ウェイ」はiTunesの歴史を塗り替え、リリースからわずか最初の5日間にて世界で100万ダウンロードを達成するという偉業も成し遂げている。「ジューダス」は複数の国でトップ・テン入りを果たしている。アルバムからのサード・シングル「ジ・エッジ・オブ・グローリー」とプロモーション・シングル「ヘアー」もいくつかの国でチャート入りしている。ユー・アンド・アイでは "Lady Gaga" の名の源となったクイーンのメンバーの一人(ロジャー・テイラー作曲のRadio Ga Gaが元)、ブライアン・メイとのコラボレーションが実り、バックコーラスとリードギターが聞ける。加えてクイーンのWe Will Rock Youのリフのサンプリングを用いている。
rdfs:label
  • ボーン・ディス・ウェイ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:album of
is dbpedia-owl:previousWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:album of
is prop-ja:lastAlbum of
is prop-ja:nextAlbum of
is prop-ja:title of
is foaf:primaryTopic of