Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ボール・ナット(ball nut)とは歯車の一種で、回転力を直線の動きに変換する。リサーキュレーティング・ボール(Recirculating ball)またはウォーム・アンド・セクター(worm and sector)と呼ばれることもある。現在ではラック・アンド・ピニオンに取って代わられた機構であるが、ハンドルが軽く、戻りも良く、耐久性も高いというメリットがあるため、初期のパワーステアリング機構やトラックなどで一般的に使用されていた。現在ではクライスラー、ゼネラル・モーターズ、メルセデス・ベンツなどが一部の車種で採用している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1830326 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1395 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47188222 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ボール・ナット(ball nut)とは歯車の一種で、回転力を直線の動きに変換する。リサーキュレーティング・ボール(Recirculating ball)またはウォーム・アンド・セクター(worm and sector)と呼ばれることもある。現在ではラック・アンド・ピニオンに取って代わられた機構であるが、ハンドルが軽く、戻りも良く、耐久性も高いというメリットがあるため、初期のパワーステアリング機構やトラックなどで一般的に使用されていた。現在ではクライスラー、ゼネラル・モーターズ、メルセデス・ベンツなどが一部の車種で採用している。
rdfs:label
  • ボール・ナット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of