Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ボーラ(Bola)は、複数のロープの先端に球状のおもりを取り付けた狩猟用アイテム、もしくは投擲武器。2個あるいは3個の丸石または金属球またはゴムや木の錘を、革紐やロープや鎖やワイヤーなどで繋ぎ、3個の場合は同じ長さの紐で三つ又になるように作る。おもりが石の場合は、皮でくるんで紐を結びつけることもある。東南アジアが発祥とされるが、エスキモーや南米パンパス地帯のインディオもダチョウ狩り等の狩猟目的で使用していた。また、スペイン人がヨーロッパから持ち込んだ馬が野馬となって数が増えるとそれらを狩る際にもに石3個のボーラが用いられるようになった他、スペイン人と先住民の子孫で牧畜に従事したガウチョ達は先住民との戦いや内戦の際も武器として使用した。イヌイットのボーラは主に野鳥を捕獲することを目的としている。小形動物の狩猟用はケラウイタウティンと呼ばれる。南米では2つ球のボーラをソマイ、3つ球のボーラをアチコと呼んでいる。インカ帝国では遠戦の主力武器だった。ボーラに相当する、日本の伝統的な分銅鎖系武器は、「微塵」と呼ばれている。直径4センチほどの中央の輪に、長さ35センチほどの3本の分銅鎖が付いた、主に忍者が用いた隠し武器(神社に奉納されて、実物・技ともに伝承)で、先端の錘は2.5センチ程度のものがある。扱い方次第では敵の骨を木っ端微塵に打ち砕く威力をも発揮しうる為、この名が付けられたとされる。近年、野生の猿が住宅街に降りてきて、弱い子供や女性が襲われたり、噛み付かれる被害などが発生しているため、一時捕獲・撃退を目的に、網よりも機動性がある暴漢捕縛用のボーラ(安全なゴムの錘とロープなどの組み合わせ)が使われることもある。女性のストッキングと適当な錘になるものを組み合わせて、即席で作られたボーラが、暴漢撃退用として使われることもある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 850573 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2618 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58920070 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ボーラ(Bola)は、複数のロープの先端に球状のおもりを取り付けた狩猟用アイテム、もしくは投擲武器。2個あるいは3個の丸石または金属球またはゴムや木の錘を、革紐やロープや鎖やワイヤーなどで繋ぎ、3個の場合は同じ長さの紐で三つ又になるように作る。おもりが石の場合は、皮でくるんで紐を結びつけることもある。東南アジアが発祥とされるが、エスキモーや南米パンパス地帯のインディオもダチョウ狩り等の狩猟目的で使用していた。また、スペイン人がヨーロッパから持ち込んだ馬が野馬となって数が増えるとそれらを狩る際にもに石3個のボーラが用いられるようになった他、スペイン人と先住民の子孫で牧畜に従事したガウチョ達は先住民との戦いや内戦の際も武器として使用した。イヌイットのボーラは主に野鳥を捕獲することを目的としている。小形動物の狩猟用はケラウイタウティンと呼ばれる。南米では2つ球のボーラをソマイ、3つ球のボーラをアチコと呼んでいる。インカ帝国では遠戦の主力武器だった。ボーラに相当する、日本の伝統的な分銅鎖系武器は、「微塵」と呼ばれている。直径4センチほどの中央の輪に、長さ35センチほどの3本の分銅鎖が付いた、主に忍者が用いた隠し武器(神社に奉納されて、実物・技ともに伝承)で、先端の錘は2.5センチ程度のものがある。扱い方次第では敵の骨を木っ端微塵に打ち砕く威力をも発揮しうる為、この名が付けられたとされる。近年、野生の猿が住宅街に降りてきて、弱い子供や女性が襲われたり、噛み付かれる被害などが発生しているため、一時捕獲・撃退を目的に、網よりも機動性がある暴漢捕縛用のボーラ(安全なゴムの錘とロープなどの組み合わせ)が使われることもある。女性のストッキングと適当な錘になるものを組み合わせて、即席で作られたボーラが、暴漢撃退用として使われることもある。
rdfs:label
  • ボーラ (武器)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of