Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ボーラ(ボラとも。Bora)は、アドリア海や、ギリシャ、トルコなどで北または北東から吹き降ろす風である。その名前は、ギリシア神話に登場する風の神ボレアースに由来している。ボーラは、イタリアの北東部にある都市トリエステでは特に冬に吹く風として知られている。トリエステでは、天候によって吹く風に二つの名前があり、ボーラ・キアーラ(Bora chiara, 明るいボーラ)は晴れの日、曇りの日や雨の日に吹くものはボーラ・スクーラ(Bora scura, 暗いボーラ)と呼ばれている。その風速はしばしば150km/h(40m/s) にも達する。トリエステの中心街の歩道に沿って張られたロープや鎖は、風が強い日の歩行者の通行用となっている。強風の日が頻発する為、瓦が歩行者に落ちたりすると、ほぼ例外なく怪我をすることから建築物は強風に耐えるように作られる必要がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 358930 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1367 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55486864 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ボーラ(ボラとも。Bora)は、アドリア海や、ギリシャ、トルコなどで北または北東から吹き降ろす風である。その名前は、ギリシア神話に登場する風の神ボレアースに由来している。ボーラは、イタリアの北東部にある都市トリエステでは特に冬に吹く風として知られている。トリエステでは、天候によって吹く風に二つの名前があり、ボーラ・キアーラ(Bora chiara, 明るいボーラ)は晴れの日、曇りの日や雨の日に吹くものはボーラ・スクーラ(Bora scura, 暗いボーラ)と呼ばれている。その風速はしばしば150km/h(40m/s) にも達する。トリエステの中心街の歩道に沿って張られたロープや鎖は、風が強い日の歩行者の通行用となっている。強風の日が頻発する為、瓦が歩行者に落ちたりすると、ほぼ例外なく怪我をすることから建築物は強風に耐えるように作られる必要がある。
rdfs:label
  • ボーラ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of