Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ボートの三人男(ボートのさんにんおとこ、原題 Three Men in a Boat, To Say Nothing of the Dog! )はジェローム・K・ジェロームの代表作で、日本語版は、作家丸谷才一が訳している(中公文庫で新版刊行)。1889年に出版されたユーモア小説で、キングストン アポン テムズからオックスフォードまでのボートでのテムズ川の旅が記されている。当初、この本はユーモア小説ではなく歴史的、地理的な展望書として構想されていた。三人の登場人物は、作者のジェローム自身と2人の友人をモデルに作ってあるが、3人の旅の供になる犬は創作の産物であり、モデルはいない。モデルとなった友人の1人は後にバークレイズ・バンクの取締役になる。後年、ヨーロッパの自転車旅行を題材に取り上げた『Three Men on the Bummel(自転車の三人男)』(1900年出版)という作品を執筆するが、売上は振るわなかった。なお日本でも、大学等の英文購読テキストに用いられている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 172387 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 642 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49949346 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ボートの三人男(ボートのさんにんおとこ、原題 Three Men in a Boat, To Say Nothing of the Dog! )はジェローム・K・ジェロームの代表作で、日本語版は、作家丸谷才一が訳している(中公文庫で新版刊行)。1889年に出版されたユーモア小説で、キングストン アポン テムズからオックスフォードまでのボートでのテムズ川の旅が記されている。当初、この本はユーモア小説ではなく歴史的、地理的な展望書として構想されていた。三人の登場人物は、作者のジェローム自身と2人の友人をモデルに作ってあるが、3人の旅の供になる犬は創作の産物であり、モデルはいない。モデルとなった友人の1人は後にバークレイズ・バンクの取締役になる。後年、ヨーロッパの自転車旅行を題材に取り上げた『Three Men on the Bummel(自転車の三人男)』(1900年出版)という作品を執筆するが、売上は振るわなかった。なお日本でも、大学等の英文購読テキストに用いられている。
rdfs:label
  • ボートの三人男
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of