Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ボーズマン (Bozeman) はアメリカ合衆国モンタナ州南西部にある都市。1864年からギャラティン郡に属し、郡庁所在地である。2000年の人口は27,509人で、州で6番目の規模である。この都市の名は、ボーズマン・トレイルをつくったジョン・ボーズマン(John Bozeman)にちなんで付けられた。州のうちで最も発展がめざましく、オール・アメリカ・シティ(All-America City)に選定された。住人はボーズマナイト(Bozemanites)と呼ばれている。ギャラティン渓谷があり、景勝地としても知られる。ボーズマンはモンタナ州立大学システムの本拠地である。地方紙はボーズマンクロニクル。ギャラティンフィールド空港が町の北西にある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 317466 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7287 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59161096 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ボーズマン (Bozeman) はアメリカ合衆国モンタナ州南西部にある都市。1864年からギャラティン郡に属し、郡庁所在地である。2000年の人口は27,509人で、州で6番目の規模である。この都市の名は、ボーズマン・トレイルをつくったジョン・ボーズマン(John Bozeman)にちなんで付けられた。州のうちで最も発展がめざましく、オール・アメリカ・シティ(All-America City)に選定された。住人はボーズマナイト(Bozemanites)と呼ばれている。ギャラティン渓谷があり、景勝地としても知られる。ボーズマンはモンタナ州立大学システムの本拠地である。地方紙はボーズマンクロニクル。ギャラティンフィールド空港が町の北西にある。
rdfs:label
  • ボーズマン (モンタナ州)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:birthDate of
is foaf:primaryTopic of