Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ロナルド・ベルフォード・"ボン"・スコット (Ronald Belford "Bon" Scott、1946年7月9日 - 1980年2月19日)は、オーストラリア人ロック・ミュージシャン。1974年から1980年に死去するまで、オーストラリアのハード・ロック・バンドAC/DCのリード・シンガー、作詞者として知られた。スコットランドのキリミューア出身で、1952年、6歳の時に家族とともにオーストラリアのメルボルン近郊に移住した。スコットは、1964年に最初のバンドであるザ・スペクターズを結成し、ドラマーを務めながら、時々リード・ヴォーカルも担当していた。その後、ザ・ヴァレンタインズやフラタニティなどいくつかのバンドを渡り歩き、1974年にデイヴ・エヴァンスに代わってAC/DCのリード・シンガーになった。AC/DCの人気は、1970年代を通して、まずオーストラリアで、やがて世界的に、拡大し続けた。1979年のアルバム『地獄のハイウェイ (Highway to Hell)』は、アメリカ合衆国でトップ20に上昇し、バンドは商業的に大成功を収めようとしていた。ところが、1980年2月19日、スコットは、ロンドンで一晩大酒を飲んだ後に急死してしまった。AC/DCは、一時は解散も考えたが、程なくして、イギリスのグラム・ロック・バンド、ジョーディーのヴォーカルだったブライアン・ジョンソンを後任に据えた。スコットの死後わずか5ヶ月後に、追悼盤として発表された次のアルバム『バック・イン・ブラック』は、マイケル・ジャクソンの『スリラー』、ピンク・フロイドの『狂気』に次いで、史上3番目に売れたアルバムとなった。「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第43位。
dbpedia-owl:activeYearsEndYear
  • 1980-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartYear
  • 1964-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:associatedBand
dbpedia-owl:associatedMusicalArtist
dbpedia-owl:background
  • singer
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:hometown
dbpedia-owl:instrument
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:picture
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2011174 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17689 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 173 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55791076 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:associatedActs
prop-ja:background
  • singer
prop-ja:birthName
  • Ronald Belford Scott
  • ロナルド・ベルフォード・スコット
prop-ja:died
  • 1980-02-19 (xsd:date)
  • ロンドン
prop-ja:genre
prop-ja:img
  • Grenoble79 01.jpg
prop-ja:imgCapt
  • --12-10
prop-ja:instrument
prop-ja:name
  • Bon Scott
  • ボン・スコット
prop-ja:occupation
prop-ja:origin
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:yearsActive
  • 1964 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ロナルド・ベルフォード・"ボン"・スコット (Ronald Belford "Bon" Scott、1946年7月9日 - 1980年2月19日)は、オーストラリア人ロック・ミュージシャン。1974年から1980年に死去するまで、オーストラリアのハード・ロック・バンドAC/DCのリード・シンガー、作詞者として知られた。スコットランドのキリミューア出身で、1952年、6歳の時に家族とともにオーストラリアのメルボルン近郊に移住した。スコットは、1964年に最初のバンドであるザ・スペクターズを結成し、ドラマーを務めながら、時々リード・ヴォーカルも担当していた。その後、ザ・ヴァレンタインズやフラタニティなどいくつかのバンドを渡り歩き、1974年にデイヴ・エヴァンスに代わってAC/DCのリード・シンガーになった。AC/DCの人気は、1970年代を通して、まずオーストラリアで、やがて世界的に、拡大し続けた。1979年のアルバム『地獄のハイウェイ (Highway to Hell)』は、アメリカ合衆国でトップ20に上昇し、バンドは商業的に大成功を収めようとしていた。ところが、1980年2月19日、スコットは、ロンドンで一晩大酒を飲んだ後に急死してしまった。AC/DCは、一時は解散も考えたが、程なくして、イギリスのグラム・ロック・バンド、ジョーディーのヴォーカルだったブライアン・ジョンソンを後任に据えた。スコットの死後わずか5ヶ月後に、追悼盤として発表された次のアルバム『バック・イン・ブラック』は、マイケル・ジャクソンの『スリラー』、ピンク・フロイドの『狂気』に次いで、史上3番目に売れたアルバムとなった。「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第43位。
rdfs:label
  • ボン・スコット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:givenName
  • Ronald Belford Scott
  • ロナルド・ベルフォード・スコット
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Bon Scott
  • ボン・スコット
is dbpedia-owl:formerBandMember of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:lyrics of
is prop-ja:pastMembers of
is foaf:primaryTopic of